teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


とりあえずお疲れ様です

 投稿者:ひで  投稿日:2018年 9月17日(月)16時10分46秒
  ダークさん
念願叶って何よりです。
そして金銭面も不可解でも何か良かったです。
小さな感謝の積み重ね。あとはそれで完済目指して頑張ってください。
自分もローン完済の証明する書類が届いてホッとしてます。

えっと、話し相手に次時間が合えば僕の東京現場に一緒にどうでしょう。

そして、10月ですが、僕がバタバタしそうなので、ダークさん地元来訪は11月ですかね。
ちょっと日程は待ってください。
 
 

旅行報告・パート3

 投稿者:ダークサイダー  投稿日:2018年 9月17日(月)12時27分55秒
編集済
  パート2まで頑張って書いたが、そこから寝落ちしたので、起きてからのパート3である。

夜の山城という、今後は2度としないと心に誓った遭難寸前の3城制覇の土曜日、
郡山ではちゃんとしたホテルで宿泊をした。足がボロボロであったからである。
とても漫画喫茶やカラオケ屋系で夜を過ごせる様な状況には無かったからであった。

ホテルでちゃんと静養したものの、足は普通に歩く分には痛くはないものの、
下り階段だと激痛を伴っていた。

そんな状況で、当初から山2つに渡り、絶望的なぐらい広いという事を知っていた「向羽黒山城」
にまずは行き、最後に会津若松城を堪能する、という日曜日の予定であった。

山城の上に広大ゆえに、スタンプを押して終わりというところかなと思いながらのスタート、
前日の疲労度もあるだろうと想定をして、9:38の郡山発で、目的地である南若松駅に11:30頃に
到着するという、そういった計画だった。

まずもって衝撃を受けたのは、郡山駅西口の松屋である。
2人で朝の忙しい時間をオペレーションしているからなのかもしれないが、
他の人とは違うファストメニューのはずの「牛丼アタマ大盛」1つが7分も出てこなかった。

何故か時間がかかりまくる「朝定食」の連中を、券を受け取った順番通りに給仕して、
それから自分のものが出てきたし、オペレーションを見る限り、みそ汁も1杯ずつ作るという、
明らかに素人、バイトでも経験値がほとんど無い様な、そんな人間が働いていた。

これが郡山クオリティか………と前日夜に食べた、非常に手際も良く、かつ味も良かった
混ぜ蕎麦屋の凛々亭と比較をし、郡山の食の「明と暗」両方を味わった気分だ。

そんな、危うくしょっぱなから「乗り逃し」する目に遭ったものの、計画通りの出発をし、
狙い通りに11:30頃には向羽黒山城の最寄りの1つ、南若松駅に着いた。

会津本郷駅か、南若松駅か、というルートで行くしかない城だったが、
只見線の場合は7時の後、13時まで電車が無かった
(その辺は鉄道に詳しいであろう、他のチームNのメンバーの方が良く御存じのはずだから、
特に深くは書かない)ので、もう、会津本線の南若松駅経由しか、選択肢は無かったのだ。

かくして南若松駅からタクシーを使おうと画策をしていた私だったが、南若松駅が無人駅で、
タクシーは止まっていない事実を突きつけられたため、徒歩で向かう事になった。

なるべく足を温存して会津若松城に挑む算段だったのだが、その算段は早くも崩れた。

幸い、スタンプの設置場所は向羽黒山城のふもとのふもと、入り口部分の
「向羽黒山城跡整備資料室」だったから、こりゃスタンプだけ押して会津若松城に引き返す
しか、足の具合を考えても無いかな………と思ったわけだが、20分歩いてスタンプのある場所
まで到達をすると、たまたま同じことをしていた人に出会ったのだ。

ふもとのふもとが「祭り」をやっていて歩行者天国になっていたのだが、
その出会った人は「祭り前」に車で入り、出る事が出来なくなってしまったのだ。

「引き返すしかないかな………逆側に抜けるしかないなぁ」と言った後、
「途中まで乗せていきましょうか?」と言ってくれたのだ。
「ここまで来たんだから、本丸、見たいでしょ?」とね。

そこはお言葉に甘えさせて頂き、車で行ける最高点になる二の丸のところまで、自分の体を
運んで頂いたのだ。非常に助かったし、有難かった。同士の助け合いである。

その車で回っていた人も住んでいるのは東京らしく、自分と同じで昨日に三春城は回った
らしいし、日曜日に白河小峰城に行くと言っていたから、自分とは逆ルートで回っている
事になる。車の恩人(名前も住所も聞かなかったけど)は、4・5年前から城巡りをしている、
自分にとっては全くの先輩で、100名城は80城、続・100名城は60城も制覇をしている強者
だった。何とも有難いサポートもあり、その車での移動で、明らかに車でしか来てはいけない
城である事を再認識しながら、とにもかくにも、運良く本丸付近まで自分は到達をしたのだ。

駐車場がある、二の丸を回り、痛い足を懸命に動かしながら本丸の山の頂上にたどり着いた
私は、そこで景色を全て撮ってから、どう下山をしようか………と思ったわけだ。
車であれほどまでの道のりでは、とても他の箇所を回りながら見ていく足の余裕が無い。

結論、お金がいくらかかっても、タクシーを呼んで移動するしかない、に至る。
たまたまやっていた会津美里町のお祭りによって封鎖されている道を、謝りながら
タクシーで山車の横を通過していくという、長いキャリアのタクシー運転手さんも
初めての経験だと言ったその稀有な経験を、遠方の地でする事になったわけである。

そりゃ、たまたま祭りをやっているところに行ってしまったわけで、
こっちは祭りがある事なんて、1ミクロンも知らなかったわけだからね。しゃあないやん。

向羽黒山城二の丸の駐車場で、という、無茶な送迎の要求にも応えてくれた会津交通の
タクシー会社の方々には、感謝をしてもし切れない。下山を助けてくれて有難う。

で、タクシーだったんで、当初の計画では1度会津若松に戻って、帰りの高速バスのチケット
を買ってから会津若松城に向かうつもりだったのだが、直接、会津若松城に行く事にした。

その為、当初の予定と同じぐらいの時刻、14:30頃には、奇跡的に会津若松城に着いたのだ。
向羽黒山城では数人しかいなかったが、会津若松城には山のように人が居た。
まあ当たり前かもしれないが、会津若松城は、さすがに観光スポットの面構えをしていたね。

三城巡りの方のスタンプラリーのスタンプが設置されているビューローには、
観光大使でネットニュースに映っていた美人さんが受付をしてくれた。何とも美人だったなぁ。
5階建ての天守閣には、様々な展示物、そしてそれを順番に見ていく人・人・人の群れ。

こんなに人だらけに埋め尽くしてしまって、建造物は耐えられるのだろうかと、
そんな不安さえ覚えるぐらい、駅の満員電車並みに、人だらけだった。

そんな天守閣を登り切り、無事に100名城スタンプも押して、目的の5城制覇を果たした
自分は、天守閣の後に茶室輪郭も見たし、綾瀬はるかさんが植樹をしたという桜の苗木も
見たし、門も櫓も見たし、足が痛いなりに、あちこち全てを回ったのだ。

あちこち全てを回って、会津若松駅までは「コミュニティバス」に乗ろうと決めていたのだが、
このコミュニティバスが、たまたまタイミングよく目の前に現れ、待ち時間無しで乗れたのだ。

この様に考えると、昨日の1日は、どうやら、相当ラッキーだった様だ。

コミュニティバスで会津若松駅に戻り、高速バスのチケットを買いに行くと、
当初予定をしていた18:00発の前に、17:00発もあるという話だったから、
それならばと17:00発に乗る事にしたのだ。その時間、16:47なり。
すごい時間効率の良さ………計画通りに進んでいないものが、完全に運の良さだけで帳尻が
合って、むしろ当初帰るよりも早い時間のバスでの帰還になったのだ。

それも、自宅に着いたのは、当初の予定通りの23:00台だった。
バスが渋滞につかまり、20分遅れでの到着になったからだ。

この事が意味する事は、18:00発のバスだったら、新宿でもう一泊せざるを得ない、
終電に間に合わない可能性もあった、という事を意味する。
そうならずに済んだのは、運の良さ以外の何物でも無いのではないだろうか、と思うのである。

こうして、ふくしまの100名城制覇は、無事に制覇出来て終わった。
暗すぎる三春城、広すぎる向羽黒山城の2城を回って思った事は「山城は危険」という事。
二本松城も実質、山城に近いものがあったから、当初想定よりも大分時間がかかった。

足が今でも痛すぎる(たぶん右ひざをかばって歩いていたので、左足の方に大きな負担が
その分いったので、今は普通に歩くと左足が痛い)のではあるが、
それを代償にしただけの価値がある、そんな旅にはなったなと思った。
 

旅行報告・パート2

 投稿者:ダークサイダー  投稿日:2018年 9月17日(月)00時47分29秒
  その様にして始まった「福島城巡り旅行」であるが、
100名城、続・100名城に掲載の城であった「5城」が今回の制覇対象となった城である。

「白河小峰城」「二本松城」「会津若松城」、これが100名城の3城、
これに「向羽黒山城」「三春城」という、恐らくは著名では無い方の2城が
「続・100名城」に掲載をされていて、加わるというものである。

この5城をどのような順番で回るかは、実は相当に色々と計画を立てていた。

計画の結果を書けば、ルートとしては、土曜日朝7時過ぎの電車でスタートし、まずは白河へ。
そこで「白河小峰城」を見る。13:00には郡山方面へ移動し、13:30に二本松駅へ。
徒歩で14:00に「二本松城」へ。16:00過ぎに移動して、最後に「三春城」に行く、

これが土曜日の計画である。


白河小峰城は、絶対にまた行きたい。そう思わせる見事な三重櫓(さんじゅうやぐら)だった。
駅から近い立地も良いし、そこまで広くも無いのですべてを回れたし、お堀の周りを回れば
もちろんもっと時間はかかるだろうが、主要箇所は1時間ほどで全部観られたのだ。

例の東日本大震災の被害をモロに受けてしまった城でもあるから、まだまだ復元し切れて
いなかった箇所も多くあったので、そのあたりが復元・復興したら、きっとまた行くと思う。
立地が良いし、足への負担も少ない。100点満点中200点を付けたいお城だった。

日程的に大きく狂ったのは、次の「二本松城」。小田原城制覇の経験と、直前の白河小峰城の
順調ぶりから「小規模だし、大丈夫」と勝手な想像をしていたが、
実際の二本松城は「安達太良山全体」に、城の遺構が残る、メチャクチャでかい城であり、
しかも安達太良山なので、山だったのだ。平山城の分類とは思えない、山城感だった。

もはや一山「山登り」をした様なもので、自分の足はこの時点ですでに痛み始め、
ボロボロになってしまった。とにかく広かったなぁ…。

そんな状況に加え、非常に有名な少年隊の像、智恵子の像、そして三の丸に抜ける場所が、
場所に全く似合わないジャズ系のコンサートの開催で、なんと「立ち入り禁止」にされて
いたのだ………。

何とか、少年隊の像と智恵子の像は、イベント越しに写真には収めたが、
あそこまで場違いな、曲になっていない、ただの音だけを出している様にしか聞こえない、
まあ辛うじてジャズっぽい程度にしか認識できない音を出し続けているコンサートを、
最も城の中で見がいがある場所でやってしまうとは、とち狂っているとしか思えない。
極めて残念だし、それによって100点満点の採点が、一気に0点近くになってしまった。

いまだに「何だ、ありゃ」と思っている。やるなら「近くの駐車場で」ぐらいにして欲しい。
少年隊、泣くぞ、あんな事してたらさ。

まあそれは良い。とにもかくにも山の頂上の本丸まで足を痛めながらたどり着くと、
そこにはオノヨーコが記した詩と絶景が広がっていた。その景観は壮観で素晴らしい。
要するに山登りの山頂到達時の感想と同類、同種の達成感があるわけだから、
本丸に着いたら、それは良いとしか言いようがないのだ。

智恵子の詩が書かれていた像も見たし、入り口の入り口である「洗心亭」も観たし、
スタンプが置いてある「歴史博物館」にも行ったし、城とは反対方向の、
少年隊の墓がある「曹洞宗・大隣寺」にも行ったのだから、かなり歩いたはずだ。

故に、計画は二本松城で大幅に狂い、三春城の最寄り駅である三春に着いたのが18:00過ぎに
なってしまったのだ。

ここからが「生死を賭けたドキュメント」。三春城というのは「山城」であり、山だ。
そこに、スタンプを押しに、午後6時に入っていったのだ。

タクシーの運転手に「何も見えんぞ」と言われたが、それでもともかく車で行ける最高地点
までは行ってもらい、帰りは降り切った幹線道路で呼んでくれ、と言われた。

さあさあ、かくして、山の奥深くに、午後6時で片道のタクシーで入って、降りた。

まあ行けるだろう、というものは、あっという間に「こりゃ失敗や、遭難と一緒やん」、
という、焦燥感と不安感に変わったが、それでもi-padの画面で道を照らしつつ、
舗装された場所だけを登っていくと、二の丸を発見し、本丸跡も発見した。

だがしかし、色々と回ってみるも、一向に「スタンプ台」が見つからない………。

当たり前だ、周りは真っ暗、虫の声がいろいろ聞こえ出し、おまけに足で何かを「ムニュ」と
踏んでしまう様な状況だったのだから………。

その内に目が「暗視」になって、暗くてもどこに何があるかが分かるようになったから、
最終的には無事に「スタンブ台」を発見し、スタンプは押せたのだ。

あとは山を降りれば良いのだが………当然暗くて、どう進めば良いのかが分かりづらい。

来た道を完全に引き返してきたつもりだったのだが、何故か立ち入り禁止区域だった
「搦手門(からめてもん・いわゆる表門では無い方の門、今で言う勝手口の方、
表門の後ろにある門のこと)」の方から下ってしまったようである。

明かりと民家が見えて来た時の安堵感といったらもう、この状態を「生きた心地がする状態」と
言うのだろうなと、そう思った次第だった。

三春城から三春駅、そして郡山駅に戻り、郡山で泊まる計画は、恐らくは20:00過ぎに郡山に着く
という見立て通り、19:40頃に郡山に到達したのである。

三春駅、19:24の電車に乗れないと、最終電車になってしまうし、21:04の電車まで無いのだ。
車で行くべき場所である。

こうして城巡りの1日目は、山での遭難危機を何とか乗り越え、予定通りに3城を制覇した。
 

旅行報告・パート1

 投稿者:ダークサイダー  投稿日:2018年 9月17日(月)00時02分5秒
編集済
  9/14の金曜日、旅行前日。任せていた仕事の進捗の無さに衝撃を受け、家での作業は
確実になったが、それを3日間にするか、予定通りの旅行をして、月曜日に作業するかを悩み、
結果、予定通りに城巡り旅行に行く事にした。

1か月前にペンディングしていた「ふくしま3城計画」である。

代わりに1か月前に「小田原城」に行った際、元々欲しかった「続・100名城」の本を
手に入れてから、この計画は「ふくしまの100名城掲載の城制覇計画」へと名を変えていた。
そしてそれを全て成し得、23:00過ぎに自宅に帰還をした次第である。

まずもって大きかったのは、入る事は無いと思っていた「賞与」が、
2ヶ月経過をした今になって、急に振り込まれていた、という衝撃の事実だ。

6か月ルールがあって、賞与を振り込めないルールは知っていたが、
皆と同じタイミングでは無く、2ヶ月もそれが無ければ、普通は「無い事にしたのだろう」と、
その様に思うはずである。それが、今月の給与に「オン」されて振り込まれていたのである。

かくして、ひっ迫していたそれまでが嘘の様に、給与からあてがおうと思っていた旅行資金は、
大きな賞与がある事で、生活費以外から出せる事となった。有難い、そして不可解だ…。

「6か月後に振り込むことになる様な話は全く聞いていなかった」ので「有り」を「無し」に
されたと思っていたのに、金曜日に旅行資金を下ろした時に、急に見た事ない残高に
なっていたという、恐怖を禁じ得ない、見事な逆転パターンであった。

まだこの件の通帳記帳していないから怖いんだが、急な多額の入金は正直
「賞与以外考えられない」ので、金曜日に会社に置いてきてしまった給与明細と、
月曜日にするであろう通帳の記帳から、賞与だったと確定をさせるしかあるまい。

その様な衝撃の旅行前日、仕事終わりの22:00頃の出来事によって、金銭面の心配をする事が
無くなった事もあって「旅行に行く」という最終ジャッジを下したわけである。

こうして、土日の長い長い城巡りの旅はスタートしたのである。
 

ありがたい提案だが

 投稿者:ダークサイダー  投稿日:2018年 9月 3日(月)22時29分13秒
  >ひでさん、Riseさん
板はいつも見ております。ありがたい提案だと思ってます。
ところが「9月」は、金が無いのに反し、本当に多忙なんですな。
あ、それを「貧乏ヒマ無し」っていうのか。今の自分にピッタリの言葉ですな。

金を使う系はペンディング・リスケしていた「ふくしま3城巡りだけ」かなとは思うけど、
本当に外出てばっかり。基本、家に居たい派なのになぁ…。

今度の土日、8日・9日は「スマイルキッズプロジェクト」という1年に1度のイベントの日で、
それは会社主催のイベントなので、当然スタッフとして両日参加となります。よって休みなし。
まあ仕事なんで、それは拘束ですね。

次の3連休はペンディングにしていた「ふくしま3城巡り」にようやく行く予定。
まあ日曜日に帰り、月曜日は休養の予定だから、月曜日会うのは可能ですけど。
こっちはプライベートだが、ここを逃すとどんどん行きづらくなってきそうなので、今のうちに。

その次の3連休の土曜日が皮膚科学会のセミナーに夕方参加する予定(仕事絡み)で、
これは既に予定済みなので拘束だし、日曜日はお盆に行けなかった墓参りに行く予定で、
これも基本的には拘束になるのさ。

まあ、9月22日土曜日の皮膚科学会セミナーは「場所がちょうど新宿」なので、
タイミングとしてはそこがベストかもしれないけども………、
次の日が墓参りなので、そこまで遅い時間までは難しいっすね。


何というか、上の様なスケジュールにつき、あっという間に9月は終わりそうなんだな。

というわけで、ダークさんの予定としては、9月22日の土曜日、新宿というのが
現実路線でちょうど良さげかなと。恰好は当然スーツにはなってしまいますがね。

そのタイミングで無いとすると、普通にもともと予定していた10月15日以後の町田になるかなと。

本当、貧乏ヒマ無しって、こういう状態を言うんだな・・・。
 

やりましょう!

 投稿者:Rise  投稿日:2018年 8月29日(水)23時15分32秒
  ひでさんの意見、自分は賛成です。
いつものようにレストランで喋っててもいいし、どこか遊びに行くのもいいかなと思います。

日程は、ひでさんの都合がつく日でOKです。
できれば土曜日の方がいいかな。
 

ご提案

 投稿者:ひで  投稿日:2018年 8月29日(水)19時42分0秒
  Riseさん
ダークさんに毎回来てもらうのもあれなんで、僕らがダークさんの地元訪問ってのはどうでしょうか?
食事会なりざっくばらんなトーク会でもやったほうがいいかなと。新宿までGSEもしくはVSE乗ってそこから向かうとかですね。
時間帯的に日中にするか夕方にするか?
僕のスケジュール空くところになりますが、ぜひやりませんか?
ダークさんがそんなことせんでもいいとは言わないと思いますが、ぜひ考えさせてください。
 

おめでとう!

 投稿者:Rise  投稿日:2018年 8月26日(日)17時13分54秒
編集済
  リカビトス4勝目おめでとう!
新潟のマイルは走りますね。

応援で買ってた単勝と馬連が当たったので、ちょっとしたお小遣い稼ぎになりました。
※マサノヒロインも買ってたので、2着と3着が逆だったらもっと良かったw

まだまだ上を目指せそうで、今後も楽しみですね。
これからも応援します。
 

色々と有難う

 投稿者:ダークサイダー  投稿日:2018年 8月26日(日)15時32分50秒
  >Riseさん
色々と日程調整、すみません。町田、行くたびに楽しいのは間違いないんですが。

今は苦しいのですが、苦しんでも借金の元本を少しでも減らした方が良いはずなので、
ここを踏ん張ると、借金額は減るでしょう。借金0のスタートラインにまずは立たないとね。
もう1回、個人事業主としてやるにしても、そうしないとそれが出来ないわけで、その意味でも。

リカビトスが勝ってくれたので、ちょっと、その分のお金を頂けるらしい。
それも非常に有り難い事ですし、10月参戦の時の足しになりそうです。

>ひでさん
リカビトスの応援馬券、単複ならば当たってくれたはず。馬連でも当たってくれたはず。

3着のマサノヒロイン、前々走も前走も人気薄で馬券絡みして、今回も3着と優秀だなぁ、
と思いながらも、3連系の場合、そこを入れるのが難しかったレースでしたね。
応援馬券の種類にもよるが、当たっていたらウレシイ。

あと、藤田菜々子騎手、女性歴代最多勝になりましたね。

そもそも「騎乗センスがある方の騎手」と最初から思っていたので、
ちゃんとした馬に乗れば相応の数は勝つ、そんな風には思っていました。

日曜日も、新潟5Rの新馬戦を自厩舎の根本厩舎の⑨エコロトムという馬で2着、
新潟6Rを4番人気の②マルーンエンブレムで差し切り勝ちしています。これで通算36勝目。

ここ2勝は逃げ切り勝ちだったわけですが、今日は見事な差し切り勝ちだったので、
決して逃げだけでしか勝たないジョッキーという訳でもないね。

本当にへたくそなジョッキー乗せるよりも、菜々子ちゃんを乗せた方が良いと思うさ。

なんというか、普通に3年目のキャリアになって、どんどん巧くなっています。

そして彼女の中で、最も得意としているコースが、この新潟コースです。
キャリアの全36勝の内、15勝が新潟競馬場なのさ。

JRA-VANだとそういうデータが見れるので、馬券は買わないもののそこは解約していないです。
 

リカビトス、勝つ!

 投稿者:ダークサイダー  投稿日:2018年 8月26日(日)15時02分43秒
  35,000円の投資でここまで楽しめるという事は、あまり無いに違いない。
儲けという意味ならば、FXやら株式やら、いくらでも方法はあるのかもしれないが。

リカビトス、五頭連峰特別を勝つ!!!

長い直線は合うという事と、1600m、マイル戦が合うという事は証明されたと思う。
強い馬が何頭か居た事も事実であって、その中で勝ち切ってくれた事に感謝をしたい。

レースはどスロー、直線に向いても、全ての馬が脚を持っているというレースであって、
差し脚、切れる脚の披露のし合いというレースであった。
どの馬もバテておらず、どの馬にも勝つチャンスがあるレースだった。

先に抜け出していたルタンデュボヌールの外をリカビトスとマサノヒロインの2頭が強襲。
リカビトスがわずかに内の各馬を差し切って、優勝となった。

前走の1800m戦で本来のキレを取り戻しつつあったリカビトスの鬼脚は、久しぶりに本領発揮。
最速上がりこそ、さらに後方に居た3着の①マサノヒロインに譲ったが、
全体上がり2位、32.8の脚での差し切り勝ちとなった。

これで1600万下まで復帰。あと1つ勝てばオープン馬に返り咲くところまで来た。
マイル戦の切れ味勝負となれば、重賞級であるし、来春のヴィクトリアマイルに出て欲しい。
そう願っている。JRA、中央競馬で4勝もしてくれたら、すごい事だと思っているけどね。
 

レンタル掲示板
/184