投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


新田恵海と久保ユリカ

 投稿者:昔のアニソン好き  投稿日:2018年 3月 9日(金)12時45分21秒
返信・引用
  皆様お久しぶりです。2015年の紅白出場者だった新田恵海さんがナレーションを務める『テストの花道 ニューベンゼミ』が、今月で終了とのことですね。一昨年四月に起きた例の不祥事疑惑騒動以降、唯一のレギュラー番組だったのですが、これで引退に追い込まれるのは時間の問題となるでしょう。片や同じμ's声優でも、例の件で大激怒した久保ユリカさんは、実写映画主演が決まるまで大躍進しています。どうしてこうなった?
 

第62回

 投稿者:つばさ  投稿日:2018年 3月 5日(月)20時04分38秒
返信・引用
  もうすぐでまたあの震災から時が経ちますね。この年に行われた紅白歌合戦は、この10年くらいの紅白の中では凄く印象的でした♪ 何せ紅組が7年ぶりの優勝で、井上真央さんの感動ぶりが視聴する側もちょっともらい泣きしそうでした。対抗番組ではありますが、この年ほど紅組が勝って嬉しかった事は後にも先にもこの回くらいになるでしょうね。和田アキ子さんのよろこび方もいい感じでした♪ 時々この回を観て元気もらいます。それと、この年に発売されたAKB さんの桜の木になろう、丁度震災の時期に流れてたんでこの歌を聴くと切なくなります。いつかAKB さんがトリをするときに歌って欲しいですね。  

第69回紅白歌合戦演歌三曲

 投稿者:TAIWAN  投稿日:2018年 2月28日(水)23時14分3秒
返信・引用
  氷川きよし-勝負の花道
岩佐美咲-佐渡の鬼太鼓
山内恵介-さらせ冬の嵐
 

個人的

 投稿者:たまき  投稿日:2018年 1月28日(日)14時47分12秒
返信・引用
  去年の紅白のステージで個人的なワーストは三山ひろしさんと関ジャニ∞。やはり世間的にも同じような評価でしたね。
ただこの二組について言いたいのは、本人たちに責任は一切なく、演出側の問題だということ。
とにかく紅白側が歌い手として扱っていないというか、この二組に対する敬意がまったく感じられない。

例えばAKB48メンバーの男装バックダンサーや、曲目に合わせた天童よしみさんの関西出身者の応援は、そこまで曲の邪魔をしておらず演出の一環としてとらえることができる。
しかし曲中にけん玉記録挑戦や、会場内にすら入れず玄関やロビーで歌わせるのは、ただ奇をてらった演出であって、テレビ的にもライブ的にもステージを良くする効果は一切ないと思う。
今年に限らず元々この二組に関しては紅白側のぞんざいな扱いがあからさまで、にぎやかしの役割以外求めていないようなので、来年以降出場しても同じような演出になるのでしょう。

彼らに限らずどの出場者でもぞんざいな扱いが見て取れるのは気持ちが良いものではないです。
 

紅白評価に基づく対戦結果

 投稿者:ヤッシー首相@管理人  投稿日:2018年 1月28日(日)08時55分46秒
返信・引用 編集済
  ちなみに紅白アンケートに基づき対戦させましたたところ、僅差で白組が優勝となりました。
安室奈美恵などの特別枠も含めてもこの結果は変わりませんでした。
おそらく平井堅から星野源にかけてのステージの高評価が白組勝利につながったというところでしょうか。
実際は白組の圧倒的大差にはなっていますが、おそらく嵐のファンの大量投票による可能性が高く、実際のステージ評価は紅白共にそれほど差はなかったことがうかがえます。

http://orange.ap.teacup.com/kouhatema/

 

紅白アンケート(歌手別評価ランキング)結果発表!

 投稿者:ヤッシー首相@管理人  投稿日:2018年 1月28日(日)08時15分6秒
返信・引用
  紅白アンケート、続きまして歌手別評価ランキングです。
なお、安室・桑田・椎名林檎&トータス松本についても含めて発表します。

なお今回は基本的に平均点で出していますが、一定の条件で点数に以下のルールで補正をかけています。

①投票誘導が確認できた場合は誘導内容により最高点または最低点いずれかをすべて控除
①最低点(0点)が20%超えた場合はアンチにより内容いかんにかかわらず低評価投票の可能性があるため、
 影響を押さえる観点から最低点を1/4に圧縮・調整


ちなみに①が適用になったのは嵐、②が適用になったのは欅坂46、乃木坂46、AKB48、Sexy Zone、TOKIO、山内惠介、Hey! Say! JUMP、関ジャニ∞、福山雅治となります。アイドル系が割と多く互いにアンチも多いと思われるため、それを抜きにした正確なステージ評価を見るためですのでご了承ください。


それでは結果です!
平均点 68.42点

1位 三浦大知「三浦大知 紅白スペシャル」 96.67点
2位 Superfly「愛をこめて花束を」 94.85点
3位 エレファントカシマシ「今宵の月のように」 94.64点
4位 安室奈美恵「Hero」 89.11点
5位 平井堅「ノンフィクション」 89.00点
6位 X JAPAN「ENDLESS RAIN 2017 紅白スペシャル」 81.30点
7位 竹原ピストル「よー、そこの若いの」 80.80点
8位 ゆず「栄光の架橋」 80.31点
9位 高橋真梨子「for you…」 78.75点
10位 丘みどり「佐渡の夕笛」 77.27点
11位 氷川きよし「きよしのズンドコ節」 76.15点
12位 欅坂46「不協和音」 75.92点
13位 倉木麻衣「渡月橋 ~君 想ふ~」 74.81点
14位 坂本冬美「男の火祭り」 74.35点
15位 WANIMA「ともに」 74.12点
16位 島津亜矢「The Rose」 73.08点
17位 星野源「Family Song」 72.50点
18位 松たか子「明日はどこから」 70.91点
19位 Little Glee Monster「好きだ。~夢を歌おうver.~」 70.42点
20位 石川さゆり「津軽海峡・冬景色」 69.26
21位 SHISHAMO「明日も ~紅白2017ver.~」 69.13
22位 乃木坂46「インフルエンサー」 68.82

(ここまでが平均点以上となります)

23位 郷ひろみ「2億4千万の瞳~GO!GO!バブルリミックス~」 68.33点
24位 椎名林檎&トータス松本「目抜き通り」 67.75点
25位 AKB48「視聴者が選んだ夢の紅白SPメドレー」 66.60点
26位 Sexy Zone「ぎゅっと」 66.57点
27位 桑田佳祐「若い広場」 66.34点
28位 福田こうへい「王将」 65.50点
29位 AI×渡辺直美「キラキラ」 64.78点
30位 SEKAI NO OWARI「RAIN」 63.33点
31位 TOKIO「AMBITIOUS JAPAN!」 62.39点
32位 Perfume「TOKYO GIRL」 62.38点
33位 市川由紀乃「人生一路」 61.58点
34位 五木ひろし「夜空」 60.95点
35位 天童よしみ「道頓堀人情」 60.91点
36位 山内惠介「愛が信じられないなら ~貴公子たちの舞踏会~」 60.43点
37位 Hey! Say! JUMP「Come On A My House」 60.33点
38位 嵐「嵐×紅白スペシャルメドレー」 59.62点
39位 関ジャニ∞「なぐりガキBEAT」 58.88点
40位 TWICE「TT -Japanese ver.-」 57.42点
41位 西野カナ「パッ」 56.32
42位 水森かおり「早鞆ノ瀬戸」 54.50点
43位 福山雅治「トモエ学園」 53.00点
44位 松田聖子「新しい明日」 51.00点
45位 三山ひろし「男の流儀 ~けん玉世界記録への道~」 45.93点
46位 E-girls「Love☆Queen」 45.22点
47位 三代目J Soul Brothers「HAPPY~紅白スペシャルバージョン~」 43.48点


トップは三浦大知、それにSuperfly、エレファントカシマシ、安室奈美恵と続きます。
AKB・坂道系列では欅坂46の75.92点が最も多く、ジャニーズではSexy Zoneの66.57点。
演歌勢ではほぼ明暗が分かれた格好になりトップは丘みどりの77.27点とステージをシンプルに仕上げた歌手が比較的高得点を獲得しています。
低評価だったのは三代目、E-girls、三山ひろしとなっておりステージの演出等の問題や印象が薄かったという色んな要素があったのかもしれません。
またこれまで評価が高かった福山雅治への評価が大幅に下落しているのが目につきました。
視聴率でもここで下落していますので、前ふりがあまりにも長すぎたことも響いたと思われます。
このような形になりましたが、今後の議論の参考にしていただければ幸いです。

http://orange.ap.teacup.com/kouhatema/

 

紅白アンケート(全体評価感想)結果発表!

 投稿者:ヤッシー首相@管理人  投稿日:2018年 1月27日(土)21時41分46秒
返信・引用
  大変お待たせいたしました、
紅白アンケート、まずは全体感想からいきたいと思います。
なお、安室・桑田・椎名林檎&トータス松本については紅白歌手別ランク・対決の項目で含めて発表します。
こちらは明日・明後日まであたりには発表予定です。

なお、残念ながら今回も大型掲示板に「紅白アンケートだが嵐や二宮に反対票を」という誘導書き込みが確認されましたので、公正を保つためペナルティとして二宮分のみ補正をかけております。(最低点の控除措置)


それでは結果です。

紅白全体感想 66.91点
有村架純の紅組司会 66.79点
二宮和也の白組司会 69.52点
内村光良の総合司会 87.45点
桑子真帆アナの総合司会 55.71点
副音声の「裏トークチャンネル」 55.91点
紅白HALFTIME SHOW! 63.66点
紅白歌手全員「いつでも夢を」 56.76点
「ひよっこ紅白特別編」 50.56点

今回は初めて点数制をとりましたので、これを高いとみるか低いとみるかですが、傾向的には紅白司会そのものには高評価を付けている方が多いようです。
特に内村の総合司会については断トツの高評価がでています。

特別枠歌手を除いた企画では紅白HALFTIME SHOW!が比較的好評で「ひよっこ紅白特別編」は評価が伸び悩んでいるようです。朝ドラに関心があるか否かもあったのでしょうか。

http://orange.ap.teacup.com/kouhatema/

 

小室ファミリー以外でも

 投稿者:  投稿日:2018年 1月27日(土)09時22分52秒
返信・引用
  > No.11350[元記事へ]

安華さんへのお返事です。

 平成17(2005)年の56回で渡辺美里さんが歌われた「My Revolution」も小室さんの作品ですね。
あと2(1990)年に宮沢りえさんが出場した時も小室さんが手がけた「ドリーム・ラッシュ」を歌ってほしかったです。
 

感想アンケート結果は今週末に発表します。

 投稿者:ヤッシー首相@管理人  投稿日:2018年 1月25日(木)20時09分35秒
返信・引用
  ただいま集計中ですのでもうしばらくおまちください。
よろしくお願いします。
 

小室ファミリー全盛期

 投稿者:安華  投稿日:2018年 1月25日(木)09時01分20秒
返信・引用
  紅白も凄かったですよね!!

1994年(第45回)
trf①「BOY MEETS GIRL」
篠原涼子①「恋しさと せつなさと 心強さと」

1995年(第46回)
trf②「Overnight Sensation ~時代はあなたに委ねてる~」☆
安室奈美恵①「Chase the Chance」
H Jungle with t①「WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント」

1996年(第47回)
trf③「LEGEND OF WIND」
安室奈美恵②「Don't wanna cry」☆
華原朋美①「I'm proud」♪
globe①「Can't Stop Fallin'in Love」♪

1997年(第48回)
華原朋美②「Hate tell a lie」♪
安室奈美恵③「CAN YOU CELEBRATE?」☆

1998年(第49回)
華原朋美③「daily news」
globe②「wanna Be A Dreammaker」☆♪
安室奈美恵④「CAN YOU CELEBRATE?」

1999年(第50回)
鈴木あみ①「BE TOGETHER」
安室奈美恵⑤「RESPECT the POWER OF LOVE」
globe③「You are the one」♪

2000年(第51回)
鈴木あみ②「THANK YOU 4 EVERY DAY EVERY BODY」
安室奈美恵⑤「NEVER END」♪



♪は小室哲哉も出演
☆はレコード大賞曲

こうして振り返っても、特に95~98年ぐらいまでは勢いがあって凄い時代でしたね!!

ハイライトでどんなステージだったか蘇ってきます
もういろいろな事情で共演とか紅白カムバックとか難しいですが、何年か前からいつか松田聖子や郷ひろみ、中森明菜、小泉今日子、薬師丸ひろ子のように80年代のアイドルが紅白に集結したように、90年代を代表する小室ファミリーの共演を期待してただけに本当に残念です…。
 

/474