投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


第72回の紅白会場

 投稿者:  投稿日:2019年 4月 9日(火)18時48分33秒
返信・引用
   2021(令和3)年の「72回紅白」がNHKホール修理のために
別の会場になるようです。
 1972(昭和47)年の東京宝塚劇場いらいのことだそうです。
新しくなった東京宝塚劇場は使えるのでしょうか?
 いっそ、原点に戻るつもりでいいと思います。



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-04090454-nksports-ent
 

70回紅白

 投稿者:TAIWAN  投稿日:2019年 3月30日(土)09時00分51秒
返信・引用
  初出場?特別出演?

竹内まりや
小田和正
 

森山加代子さん、安らかに

 投稿者:  投稿日:2019年 3月 7日(木)19時01分57秒
返信・引用
   第11,12,13,21回に出場なさった森山加代子さんが他界しました。

 最初は「月影のナポリ」や「五匹の子豚とチャールストン」などのカバーポップス歌手でしたが、その後低迷し、「白い蝶のサンバ」でカムバックを果たしました。

 この「白い蝶のサンバ」は阿久悠さんの作詞家としての初期の頃のヒット曲でもあり、
一昨年の「24時間テレビ」内のドラマ「時代を創った男 阿久悠物語」の中で森山さんの
21回「紅白」での「白い蝶のサンバ」の映像が流れました。(ちなみに、阿久悠さんは
KAT-TUNの亀梨和也さんが演じられました)
 合掌


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00000037-sanspo-ent
 

内田正人さん(ザ・キングトーンズ)安らかに

 投稿者:  投稿日:2019年 2月19日(火)18時45分30秒
返信・引用
   第20回に「グッド・ナイト・ベイビー」のヒットで出場した。ザ・キングトーンズの
メインボーカルの内田正人さんが82歳で亡くなられました。
 20回ではコーラスの3人が手前で内田さんが一番後ろで歌っていた場面が少し奇妙に見えました。
 ドゥアップの草分けのグループで後に出場したラッツ&スターやゴスペラーズもキングトーンズの影響を受けています。
 合掌

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00010000-spht-ent

 

紅白歌合戦は

 投稿者:つばさ  投稿日:2019年 1月27日(日)06時25分40秒
返信・引用
  お疲れ様です。自分は小さい頃から紅白歌合戦をかじりついて観ていたわけではなく、ちゃんとした記憶があるのが1995年からですね。その時のインパクトは『このご時世に、演歌濃密な番組やな~』でした。でも視聴率50%越えているんだ、と不思議に感じてました。それから四半世紀経ち最近の紅白を観て思うのは、『演歌歌手仕方なく出でもらってます』感が番組ににじみ出てる事ですね。視聴率の浮き沈み気にし過ぎが明白で、静かに聴きたい曲もあるのに、なんか視聴率安定作戦の具にされてますね。自分が好きな紅白は96年と98年がシンプルかつ、じっくり歌を堪能できました。とりわけ、96年は古舘さんの名調子と各ジャンルが均等にじっくり聴かしてくれた粋な構成だったと思います。世間様は無関心でしょうが、安田姉妹の『この道』とさださんの『案山子』が今でも気持ちをスッキリさせてくれますね!  

演歌歌手の歌う時間を長くしてほしい

 投稿者:  投稿日:2019年 1月24日(木)17時41分21秒
返信・引用
  > No.11501[元記事へ]

TTさんへのお返事です。


> 視聴率が演歌の時は落ちるから仕方ないという意見もわかりますが、やはり歌合戦です、きちんんと敬意を払ってほしいです。一緒にみていた高齢者はごたごたして歌がわからないと言っていました。また歌唱時間の差が大きすぎます。

演歌歌手の方々の歌唱時間が短すぎますね。2コーラス、2分ぐらいの長さが丁度良いと思いますね。
 

演歌歌手のバックで躍りやショーは不要

 投稿者:得意先  投稿日:2019年 1月24日(木)06時03分7秒
返信・引用
  TTさんへのお返事です。

> T Tさんが触れておられますが、演歌歌手のバックでアイドルの躍りやショーを多用する演出は不要です。私も演歌歌手に敬意を払ってほしく思います。演歌ファンの高齢者が楽しめないという意見ごもっともです。

スタッフの紅白をより多く方に見てもらおうという気持ちは理解できますが、だからと「視聴率」のためにえげつないようなやり方をやって良いわけはありません。

またスタッフ側の意識だけでなく、こういう演出を受け入れている演歌歌手の皆さんの姿勢も疑います。パフォーマーとして、プライドないのでしょうか?

でもNHKもそこまで紅白の視聴率が大事だというならば、例えば嵐のバックで女性アイドルを並べるとかわやったらどうかと(逆のケースも然り)。嵐に興味のない層が見るので視聴率上がりますよね。
 

紅白総括

 投稿者:TTメール  投稿日:2019年 1月22日(火)09時16分8秒
返信・引用
  紅白が終わってしばらくたったので、自分なりの感想を述べたいと思います。
司会について・・・広瀬すずは正直ひどかった、司会は台本を覚えて進行するというのでは全くダメで、きちんとその場が仕切れること、アドリブがきくこと、出しゃばらずかといってリーダーシップがとれることだと思います。正直広瀬すずにはこれは無理です。人選ミスです。最近の朝ドラ主演女優にさせるという流れはここで断つべきだと思います。桜井翔は、台本覚えて進行まではできますが、カンペを見ているのが丸わかりだし、やはり力不足と言わざるを得ません。昔の佐良、森光子、黒柳、上沼、山川アナ、こんなすばらしい司会を知っているだけに情けない思いです。総合司会のウっちゃんは頑張っていたと思いますが、総合司会は本来の役割とは違っていて、二人の若手をフォローしないといけない役割でした。
歌手について・・・演歌の方のバックに不要な踊り、ショーが多すぎて気の毒です。トリの石川さゆりでさえ登場し、カメラカットも同等に出すのですからもはや主役がわからなくなります。
視聴率が演歌の時は落ちるから仕方ないという意見もわかりますが、やはり歌合戦です、きちんんと敬意を払ってほしいです。一緒にみていた高齢者はごたごたして歌がわからないと言っていました。また歌唱時間の差が大きすぎます。
特別枠について・・・不要だと思います。サザンが特別なのはわかりますが、あくまでも白組で登場すべきです。最後にあれだけ時間を割いて余韻を残すのですから、白組が勝つのは当然のこと。特別枠は必要ないと思います。
審査方法・・・シンプルでよかったと思います。これまでの視聴者審査の数字が勝敗を大きく左右するのはどう見ても不公平でした。どちらが勝ってもいいのですが、毎年白ではおもしろくありません。
歌・・本来は一人1曲であるべきだと思います。メドレーは極力やめてほしいです。一人二人、特別枠なら仕方ありませんが、あれだけメロディが多いとうんざりしました。

正直、ごちゃごちゃ紅白で落ち着きがない印象でした。
 

巨匠の初出場の映像。

 投稿者:ショート  投稿日:2019年 1月19日(土)07時29分42秒
返信・引用
  皆様、おはようございます。
先日放送のファミリーヒストリーで堺正章さんの紅白歌合戦初出場(第22回)の映像が15秒程度ですが流れました。

写真では拝見したことがありましたが、映像は初めて流れたのではないでしょうか。

この年の入場行進ではカメラに向かってジャンプして、菅原洋一さんや坂本九さんを笑わせたりしていて存在感抜群でしたね。

 

第70回紅白歌合戦

 投稿者:空蝉  投稿日:2019年 1月17日(木)20時55分2秒
返信・引用
  初出場今年歌手生活50周年の井上陽水  

/488