teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


約1/24 フルスクラッチ G4号機 ヘリコバギー(その2)

 投稿者:Dr.かーうち  投稿日:2014年12月 9日(火)21時54分6秒
返信・引用
  すみません、掟破りの連続投稿です。とても3枚じゃ伝えられないのでお許し下さい。あぁ、「見て欲しい」が止まらない(笑)  
 

約1/24 フルスクラッチ G4号機 ヘリコバギー

 投稿者:Dr.かーうち  投稿日:2014年12月 9日(火)21時49分30秒
返信・引用
  1.着手日、完成日
  9月初旬~12月7日
2.ボディー塗料のメーカー・色名・塗装方法など
  クレオス59番・オレンジ他、エアブラシで
3.苦労したところ、手を入れた部分、PRポイントなど
  全て苦労しております(笑)
4.このキットを作る人のための参考情報
  ぜひ挑戦してみてください
5.閲覧者への要望
  御意見お待ちしております

やっとこさ完成しましたので投稿させていただきます。G2号が約4か月掛かったので約1か月早く出来ました。
自分としては会心の出来と自負しております。
色々途中経過を報告させていただきましたので細かいことは書きません。サイドの赤のラインは塗装です。白の縁はちょっとヨレちゃいました。
マークはG2号と同様、ハセガワの曲面追従半艶シートで今回はホワイトフィニッシュです。
甚平の胸やベルトのマークも赤色フィニッシュで今回は頑張りましたが、殆ど見えません(泣)。あ、ズボンの側面に赤いラインを入れるのを忘れてますね。後で入れときます。
顔はリアルにすると大変なことになりそうなので敢えてアニメ風でしあげました。決してハットリくんではありません(忍者つながり…(笑))。
ドリルは報告通りジェットモグラから持ってきました。ボールジョイントで角度を変えられますがあまりやりすぎると塗装が剥がれます。
上面の透明部分はゴチャメカが見える様にしましたが、ちょっと白濁したのは御愛嬌ということで…
あぁ…なんか割と思い通りに出来ちゃうので癖になりそうです。このまま全機作っちゃいそうなテンションです。う~ん弱ったな…。
 

Re: ホットロッド

 投稿者:クッシー  投稿日:2014年11月11日(火)00時40分11秒
返信・引用
  模型電動士さんへのお返事です
こんばんはコメントありがとうございました。
私も以前電動士様のフライングフェザーの製作記を拝見した時に目眩にも似た衝撃を感じました。あの時は世の中には凄い人もいるもんだと思った物です。c1コルベットのテールランプの改修等も今回も参考にさせて頂きました。
今回の色に関してはあの朧と言うか霞みがかっている感じはクリアシルバーの効果だと思います。青と黄色を塗り分けて一つ物足りない感じがして試しに使って見ましたが止め時の判断が付かずにあそこまで行ってしまいました。カトキハジメ(ガンダムのデザイナーです)のイラストみたいだなぁと思ってしまいました。ムラを出さずに塗っていければ色使いの幅が拡がると思いますが私にはまだまだ練習が必要です。今年も後一月半ですが越年確実なお手付きがあるので頑張って手を動かして行こうと思います。
 

Re: ホットロッド

 投稿者:模型電動士  投稿日:2014年11月10日(月)22時22分32秒
返信・引用
  > No.717[元記事へ]

クッシーさんへのお返事です。

最初に写真が目に入った時、どこかのアメプラだろうなと思ったんですが、まさかスクラッチとは。
プラ板ベースとのことですが、上手く丸みを出しているせいか不自然さが全くなく、キットのようです。

塗装の仕上がりに今一つ満足されていないとのことですが、写真で見る限りすごくきれいで、側面の暖色とのマッチングも素晴らしいです。何と表現したらいいか、幽玄とでも言いたくなる色使いですね。

フルスクラッチはある意味モデリングとしては一つの究極の姿。私もやりたいネタはいくつかありますが、なかなか手掛けられずにここまで来ています。とても良い刺激をいただきました。
 

ホットロッド

 投稿者:クッシー  投稿日:2014年11月 9日(日)21時00分56秒
返信・引用
  こんばんは今回はプラバン箱組のスクラッチで作って見ました。製作期間は10/12~11/8です材料はプラバン、プラパイプ、アルミパイプ、アルミの針金、ジャンクパーツからシート、ハンドル、メーター。ホイールはフジミの19インチです。
塗装はブルーインパルスの青と調色した黄色の上にクリヤーシルバーです。今回クリヤーシルバーを初めて使って見ましたがちょっと難しかったです。けっこうムラになりました。個人的にはこういう色を狙うなら調色した方が良い感じになると思います。プラバン箱組の習作として作って見ましたが以外といけそうです。
横浜ホビーフォーラムに間に合わそうと突貫で作業してしまい塗装の仕上げが出来なかったのが心残りでしたが運良く賞を頂けたので、今後のモチベーションアップになりました。
 

Re: Revell '53 Chevy BelAir

 投稿者:dotage-dog  投稿日:2014年11月 9日(日)20時41分27秒
返信・引用 編集済
  模型電動士さんへのお返事です。

いつも遅くなってすいません&ありがとうございます。

テーマ部分でお褒め頂けたこと、とても嬉しいですY(^^)Y
方向を見失う事なく出来たので、これからもいろいろとテーマを決めて制作して行けたらと思います。

で、写真の方もエンジンルームも、まるっきりのご指摘通りなので、目ん玉飛び出してしまいました(笑)
写真の方はなんとか紫に見えない物かと頭をひねった結果で、エンジンルームの方は完成時に「なぁ~んか物足りないなぁ」と(汗)

写真の方はカメラの不調もあり、後日差し替える予定ですので、色だけでなく全体から「Elegant」が伝わるような感じに挑戦したいと思います。
エンジンルームは、コーションラベル等で指し色をしてもよいかもしれませんね。ご指摘されるまで、まるっきり思いつかなかったボケ犬です。

これからも、いろいろとご指導のほどよろしくお願い致します。

あと、ブログの方で「ビニローゼうすめ液」の紹介記事を書いてみましたので、お暇な時で結構ですので、お目通しをして頂ければと。
何か不備があればすぐに書き直しを致します。

それでは、失礼致します。
 

Re: Revell '53 Chevy BelAir

 投稿者:模型電動士  投稿日:2014年11月 4日(火)22時55分6秒
返信・引用 編集済
  > No.714[元記事へ]

dotage-dogさんへのお返事です。

ブログの工作過程はずっと見ていました。今回はテーマを「Elegant」と決め、締め切りに追われながらもあちこちに手を入れての工作。ほとんど見えなくなってしまうリーフスプリング、木で作ったハンドル含め、あちこち手を入れての工作、本当にお疲れ様でした。

でも完成写真を見ると、手を入れた部分に不自然さはなく、すごくハイレベルな仕上がりになっています。テーマは叶えられたんじゃないでしょうか。

そちらのサイトの完成写真もじっくり見ましたが、あえて言えば2点。

一つは力を入れたエンジンルームで、もう少し色の使い方に広がりを持たせた方が良いんじゃないかと言うことです。
特に黒を使っている部分が、みんな似たような色味に「見える」ところややもったいない。パーツによってはやや明るめの黒(濃いグレーにするとか、わざと別の色を少し混ぜてみるとか)を使うとかすると、もっとメリハリが出るような気がします。
私も普段それほど気を遣ってはいませんが、今回は入魂の一台ですから、そこまでやっても良かったかなと・・・。

もう一つは撮影後のコントラストと色処理。前から工作過程を見ていたので、完成写真を見た時に色に違和感があったんですが、どうやら狙いどころは「青」ではなくて「紫」で、工作過程の写真はその「紫」が出ていないために、本番ではそれを出そうといじったのではないかと思われます。
それによって「紫」はエレガントになったんですが、明るくしたことでメッキ部分が残念な方に、つまりちょっとアルミっぽく感じる方に振られているんじゃないかと想像しました(本当はそうじゃないのかもしれませんが)。

添付の写真は貼り付けていただいたものを自分なりに少々いじらせていただいたものです。ちょっとわざとらしくて色味は良い方向に振られたかはわかりませんが、メッキ感を増す方向の調整です(そこだけ見てね)。

二枚目と三枚目は私のコルベットですが、暗い方は撮ったままのもので、明るい方は若干いじったもの(画質が悪いのはご愛嬌、自分のサイトで出す時はもっと良い画質にしますが)。
この程度のいじりは許されるだろうと思ってやってます。あくまでも一つの事例ですが参考になったら嬉しいな。

でもdotage-dogさんは作るたびにスキルが上がっているのが伝わってきますねえ。次もすごく楽しみです。
 

Revell '53 Chevy BelAir

 投稿者:dotage-dog  投稿日:2014年11月 3日(月)17時07分6秒
返信・引用
  模型電動士さん、掲示板をご覧の皆様こんにちは、dotage-dogと言います。
ずいぶんと時間がかかってしまいましたが、完成致しましたので投稿させて頂きます。
1)着手日:6月22日
 完成日:10月24日
 制作時間:180~200時間と言ったところでしょうか?
2)ボディ塗料はガイアカラーのEX-ホワイトをベースに純色シリーズからシアン  10にマゼンタ6強、イエロー0.5位の比率で調色。
 クリアーは同じくガイアのクリアーをブラシマスターで希釈して使用です。
3)苦労したところはメッキモールの作り直しと、サイドスカートのチリ合わせ。
 エンジンルームにも少し拘りました。
 PRポイントは、ウッドステアリングです。本物の木から削り出しました。
4)参考情報は、全体的に作りやすいキットだとは思います。
 4点接地も問題なく、バスタブ内装とシャシー、ボディの合わせもスムースで した。
 メッキモールが研ぎ出しにはやはり邪魔になると思います。が、BelAirのロゴ
 が比較的浅めなので、ロゴだけスリスリをするのはかなり危険かと・・・
5)閲覧者様へ。感想、アドバイス、いろいろとよろしくお願い致します。

http://dotage-dog.digi2.jp/dotage-dog/top.html

 

Re: イーグルロードラッグGT

 投稿者:クッシー  投稿日:2014年10月12日(日)16時33分40秒
返信・引用
  模型電動士さんへのお返事です。

コメントありがとうございました。
テールランプは実はキットのままでアルミのテープを張り付けただけです、あまりにも完成度が低いので本来なら塗装で仕上げたところなのですがモチベーションが維持できずそのまま使ってしまいました。メッキ調塗装のクリヤーがけも今後の課題です。ボディー全体メッキ調で仕上げる事はめったに無いのですがある程度納得できるレベルにしたいです。話は変わりますが、330p4完成間近ですね。家にも24号車が居るんですが製作記を見ながらまだまだ私には早いなと積んどく決意が付きました。フジミのフェラーリシリーズは魅力的なキットが多いのですがいざ手を付けようと思うと尻込みしてしまいます。キットに関してあそこはこうだみたいな情報が多いのもその一因かもしれません。やっぱりプラモと云ってもフェラーリですからなんとなく作るのもどうかとなってしまうんですね。と言う訳で電動士様の完成を心待ちにしています。もうちょっと腕が上がったらトライしますので参考にさせて頂きます。
長文になりましたが失礼致します。
 

Re: イーグルロードラッグGT

 投稿者:模型電動士  投稿日:2014年10月12日(日)00時30分7秒
返信・引用
  > No.709[元記事へ]

クッシーさんへのお返事です。

イーグル社については良く知らなかったので色々調べさせていただきましたが、形はオリジナルを尊重しているけど、中身は最新。そして値段が1億円を超えるという、とんでもない車だったんですね。

フェンダーもそうですけど、特にルーフの形状がオリジナルと相当違うと感じました。そこをしっかり修正して、なおかつ修正を微塵も感じさせない仕上がりに驚きました。

こういう改造はこの車のことをわかっている人にしか伝わらない、ある意味地味な作業なのかもしれませんが、あえてそれをやるってすごいなあと思います。
(今私は二台のフェラーリを作ってますが、素組みと改造を同時に二台やっているのも、一般の人にはほとんどわからない両者の違いをスルーされたくないって思っているからかもしれない・・・ある意味軟弱なんです)

色もきれいで上品だし、テールランプあたりも自作なんでしょうか。すごいですねぇ。
すごく手間のかかる手直しをやりながら、この完成度。それを二か月かからず仕上げるなんて、今の私にはちょっと無理。

色々な点で刺激を受けました。ありがとうございました。
 

イーグルロードラッグGT

 投稿者:クッシー  投稿日:2014年10月11日(土)00時30分24秒
返信・引用 編集済
  お久しぶりです。今年は1月から手をつけている物が難航して未だ完成のめどがたたずつい浮気をして1台完成したので投稿します。ご意見、ご感想等頂けましたら。
キット グンゼ1/24ジャガーEタイプ
製作期間 8月末~10/8
塗料 クレオスGXメタルブラッデイレッド    同じくデイープクリアレッド
この車はEタイプのロードラッグクーペのレプリカでEタイプのレプリカやレストアを手掛けているイーグル社の製品でオリジナルを再現するだけでなく現在の技術も取り入れアップデートされた車だそうです。キットからの変更はルーフの製作とフェンダーの拡張をレジンとパテで行い、タイヤとホイールはフジミのカンパニヨーロを使いホイールのディスクはプラバンの削り出しです。当初塗装はタクミのメッキ調塗料を使い専用のクリヤーをトライしたのですが、クリヤーで思っていた以上に曇り断念しました。塗装でつまづきモチベーションが下がったのか終盤で2つ大きなミスをしてしまいました。ルームミラーの取り付けの為浅いダボ穴を開ける積もりが貫通し、ルーフにアンテナをつけてごまかしました。もう1つはサイドのウィンドウを取り付けずに組んでしまいました。
長文になりましたが失礼致します
 

Re: アリイ 1/32 SkyLineGT-R(箱スカ)

 投稿者:ヒカル  投稿日:2014年 9月25日(木)21時39分45秒
返信・引用
  > No.707[元記事へ]

えぼろくさんへのお返事です。

こんばんは、えぼろくさんお返事頂きありがとうございます。

今回の投稿予告はメーカー名書いてなかったですね。
スケールが1/32ですが、少しでもリアルな感じを見て頂ければうれしいです。
いつになるか判りませんが240Zの2台は、240ZGとチューニングZに改造しようかな。などと考えています。

次回作はフェラーリとBMWの2台が候補でしたが、自分の中では「フェラーリかな?」と感じていましたが、
えぼろくさんが一番好きなフェラーリとの事なので次回作はフェラーリ(東京マルイ)に決定です。

もちろん、ノース・アメリカン・レーシング・チーム(NART)フェラーリ365GT4BBです。

えぼろくさんの240ZG楽しみにしています。
これからも宜しくお願い致します。

写真:デカールも入手済み! はくりデカール初めてで少し心配です。
 

Re: アリイ 1/32 SkyLineGT-R(箱スカ)

 投稿者:えぼろく  投稿日:2014年 9月24日(水)22時31分16秒
返信・引用
  > No.703[元記事へ]

ヒカルさんへのお返事です。

ヒカルさんこんばんは。えぼろくです(^^)/

箱スカGT-Rの完成おめでとうございます!
前回のコメントで次は箱スカと言ってたのでタミヤ、フジミ、マルイのどれかを予想してたらアリイだったので驚きました(^^)
クオリティが高く、とても1/32には見えないのが凄いですね。画像だけ見たら1/24にしか見えないです(^^)
同シリーズの240Zと箱スカレーシングも購入との事なので、今から作品が楽しみです。

それではヒカルさんの次回作(365BB or 3.5CSL)も楽しみにしています。
またこの掲示板でお会いしましょう(^^)/
PS 私の中で一番好きなフェラーリは365GT4/BB(NART)なんですよ~(^^)
 

Re: タミヤ 1/24 ミニクーパーレーシング

 投稿者:パキラ  投稿日:2014年 9月24日(水)20時59分30秒
返信・引用
  > No.702[元記事へ]

模型電動士さんへのお返事です。

追加のアドバイス、ありがとうございます。

ネットや本ではわからない細かなところを教えていただけるのは、
とても参考になり、感謝です。

私のエアブラシは、タミヤの安いやつで、
エアブラシの構造も簡単(ちゃっちい?)ということもあり、
毎回バラして洗っていました。

使い始めのころ、固まってしまったり、
シルバーのメラメラが混入してしまったりと、
失敗を続けてしまっていたので、
慎重になってました。

模型電動士さんの手順であれば、
案外簡単に出来そうですので、試してみます。
カップの奥を筆で溶かすのがミソでしょうか。

一方で、定期分解はきちんとされているんですね。
これも大切なのかもしれませんので、合わせてやってみます。

現在、単身赴任でワンルームの会社の寮住まい。
おまけに新築でまだきれいなものですから、
部屋のなかで塗装するのに気が引けて、ベランダでやっています。
なので、冬場は寒いですし、雨天中止という残念な環境での作業です。

平日は、妻のご機嫌を気にせずとも
模型作りに没頭できるのは、メリットですが...

いずれにしても、作業環境はもうちょっと改善の余地ありです。

http://ameblo.jp/pachira001/entry-11926900985.html

 

Re: アリイ 1/32 SkyLineGT-R(箱スカ)

 投稿者:ヒカル  投稿日:2014年 9月23日(火)23時49分2秒
返信・引用
  > No.704[元記事へ]

模型電動士さんへのお返事です。

模型電動士さんこんばんは、早速のお返事ありがとうございます。

ほとんどが1/24の製作を専門にしていた私なので1/32は小さく目がショボショボしました。
ただ出来上がると凄くキュートで良いですね。(1/32の240Zとか買っちゃいましたしね。)

勿論制作の参考にさせて頂いたのは模型電動士さんの1/32スカイラインGT-BとベレットGT-Rです。
模型電動士さんのように、もっと手を入れたかったのですが、今回はフロント周辺で疲れちゃいました(ダメなやつだ)
いつになるか解らないけど240Zと箱スカレーシングは、頑張ろうと思ってます。

ナンバープレートは薄々攻撃で頑張ったんですがナンバー枠を白にしたのは薄々攻撃の効果も半減ですね。色ももう少し
工夫が必要ですね。客観的に見て頂きお声をかけて頂くのは本当にうれしいです。出来れば手厳しくお願い致します。

次は、フェラーリ365BB/LMかBMW3.5CSL/LMあたりを完成にもっていきたいです。
これからも宜しくお願い致します。

写真:製作途中のイメージスナップありました。

 

Re: アリイ 1/32 SkyLineGT-R(箱スカ)

 投稿者:模型電動士  投稿日:2014年 9月23日(火)18時55分5秒
返信・引用
  > No.703[元記事へ]

ヒカルさんへのお返事です。

最初にまず写真に目が行ったのですが、「タミヤでもフジミでもアオシマでもないな~、特にルーフの後ろのラインが違うし」と思いながらタイトルを見たらアリイだったんですね。

一瞬1/24だろうと思ったのは、ヘッドライト、あるいは窓枠のモールがリアルだったことが理由でした。
本文を読むと、ヘッドライトは面倒して作っていたんですね。

1/32は場所をとらないし価格も安いのでコレクションには最適ですが、1/24に比べたらディテールは不利になります。でもヒカルさんのように手を入れると、本当に見栄えのする出来になると思いました。

ちょっと惜しいかなーと感じたのはナンバープレートです。文字の部分と枠の白のコントラストがはっきりしているため、ややリアルさをスポイルしていると感じました。
このあたりの好みや表現目的は人それぞれですので、ヒカルさんはご自分の目指す表現を行えばいいんですけど、私はそう感じたので、書いた失礼をお許しください。

次の投稿、楽しみにお待ちしています。
 

アリイ 1/32 SkyLineGT-R(箱スカ)

 投稿者:ヒカル  投稿日:2014年 9月23日(火)01時39分34秒
返信・引用
  模型電動士さん、掲示板をご覧の皆さんこんばんはヒカルと申します。
投稿間隔が短いですが、お手付き進歩率の高かった最後のモデルが完成致しましたので投稿させて頂きます。

1.着手日 8月中旬
  完成日 9月20日
  完成率 60%位からスタートです。

2.ボディー塗料
  ニッサン、サファリブラウンを目指しました。
  クレオス、Mrカラー:イエロー70%+ブラウン25%+グリーン5%+ホワイト数滴(影響ないかも)<エアブラシ>
  各塗料の比率はおおよその参考です。
  クレオス、スーパークリアーUVカット缶

3.苦労したところ、手を入れた部分、PRポイントなど
  この箱スカが放置モデルとなった原因が、余った缶スプレーの赤で塗装してコンパウンドで研ぎ出ししたのですが、あっさり
  角を出してしまい撃沈です。(余りスプレーが足らず塗装が薄かったのに無理した自分の失敗、、)
  プロポーションは良好なモデルですがフロントマスクが気に入らなかったのです。ヘッドライトも小さく約1/50のモデル用です(笑)

  シンナー風呂からの塗装とグリル作成、いつもの車高・トレッド・キャンバーの調整です。
  ボディの塗装は私のショーケースにないブラウン系の色を選びました。サファリブラウンです。
  (箱スカには設定がない色ですが新車発表プロモーションのカラーらしい?)

  フロントグリルはプラ板で上下に二本の横バーを製作。0.5mmと0.3mmのコンビです。
  センターエンブレム(Nマーク)とGTRはキットの物です。
  ヘッドライトは、4.5mm丸パイプ肉薄でヘッドライトのリムと反射鏡を製作。反射鏡はパイプの中にエポパテを詰めて成型後に
  メッキシルバーで塗装しました。ヘッドライトレンズは、厚めのブリスターパックにレンズカットをデザインナイフで刻んでから
  丸く切り抜きます。理想は実車だと140mmのヘッドライトなので4.375mmの直径を目指します。(目指しただけです笑)
  あとはヘッドライトレンズぽく凸型に削り磨き込むだけです。

  このキットのタイヤはデカいです。実車に置き換えると箱スカにランクルのタイヤを履かせた計算になります。
  外周を1mmちょっと削り込みましたがスリックタイヤになってしまいます。ランクルタイヤよりはマシと思っていましたが、、、
  良いタイヤを見つけてしまいました。同シリーズの240Z改のタイヤです。当時のバイアス極細タイヤぽく好みです。
  箱スカ1台では寂しいと思い同年代のモデルを並べようと240Zを2台と箱スカレーシングを購入した結果発見しました。
  (若干タイヤ内径を削りインチアップさせると箱スカのホイールにフィットします)


4.このキットを作る人のための参考情報
  左側ワイパー(助手席用)の位置が違います。キットはセンターより右側に穴が開いてますが、センタより左側が正解みたいです。
  私が気づいたときは時遅くリカバリーは諦めました。

  お手付きモデルも進歩率が高いのはもう無いので年末までに1台が目標です。
  これからも宜しくお願い致します。

  写真一枚目:グリルはネットを張ってラジエターが見えるようにしてますが画像では判りませんね。

  写真二枚目:1/32ですがホイールが開口されていましたので、前後デスクブレーキ化しました。フロント4ポット対向、リア2ポット対向
        です。遮熱盤用シールでピカピカさせて目立たせました。これがエンターテインメント?

  写真三枚目:テールパイプは1.6mm真鍮パイプにハセガワのミラーフィニッシュを巻き付けです。
 

Re: タミヤ 1/24 ミニクーパーレーシング

 投稿者:模型電動士  投稿日:2014年 9月22日(月)23時27分0秒
返信・引用
  > No.701[元記事へ]

パキラさんへのお返事です。

エアブラシのメンテが億劫で・・・とのことなので、それについて追加でレスしますね。

私はエアブラシのガンは二つ持っていて適当に使い分けていますが、普段は塗装が終わった後、ティッシュで中をさっと拭いて、次にカップにシンナー(ツールウオッシュ)を注いでからノズルを緩め、細い筆でカップの奥の部分にたまった塗料を溶かしながら、同時にいわゆる「うがい」をします。
そのシンナーを捨て、もう一回きれいなシンナーを入れてから再度「うがい」をし、その後ノズルを締めてシンナーを普通にノズルから吹けば終了。

キュッキュ→ジョボジョボ→ブクブクブク→ザバッ→ジョボジョボ→ブクブクブク→プシュー
てな感じで、一分もあれば完了です。

エアブラシの分解掃除はピュアな色やクリアーを吹く時にはしますけど、通常クリアーは缶スプレーを使いますので、そういう機会はめったにない。だから定期分解は3カ月に一回やればよい方ですね。

それも億劫と感じるなら仕方ないんですけど。
(いくら汚しても構わない、自作の塗装ブースがあるから、手軽にできるのかな)

以上、参考までに・・・でした。
 

Re: タミヤ 1/24 ミニクーパーレーシング

 投稿者:パキラ  投稿日:2014年 9月22日(月)03時05分14秒
返信・引用
  > No.700[元記事へ]

模型電動士さんへのお返事です。

模型電動士様、お返事ありがとうございます。
ご感想を頂けるのは、とても励みになります。

模型電動士さんの作品で手を抜かれている
ところがあるなんてとても信じられないのですが....
作られた作品、いずれも丁寧で、
流石、経験値が違うといつ見ても感じます。

今回の場合は、とりあえず練習のつもりで
軽くドアなど開口してしまって、
後で慌てていたような状況でした。

特に、外ヒンジの難しさは、まったく理解してなくて、
開口したタイミングでは、ノーアイディアでした。
アドバイスいただいたように、塗装前に決めてしまうなんて
考えてなくて、両面テープでひっつければなんとかなるだろうと
ほぼ最後まで思っていたぐらいです。

ちゃんと塗装前に調整すれば、トランクももっとしっかり
開くようにできたんだろうと反省です。
ドアも内装に引っかかって、塗装後にだいぶ削ってます。
慌てず、仮組をちゃんとすることが大事だと痛感しました。

缶スプレーをエアブラシに移す方法は、次の機会に試してみます。
エアブラシはあとの掃除のことを思うと億劫になってしまって、
安易に缶スプレーでやってしまいました。

メッキ塗装は、やはり経験しかないんですね。
あきらめず、またチャレンジしてみます。

入魂の一作と言われるとお恥ずかしい限りですが、
確かにいろいろ触っていたのは確かで、
練習台以上の愛着を感じています。

引き続き、なんとかお見せできるようなものを仕上げて
お邪魔したいと思いますので、
またよろしくお願いいたします。

 

Re: タミヤ 1/24 ミニクーパーレーシング

 投稿者:模型電動士  投稿日:2014年 9月20日(土)22時21分4秒
返信・引用
  > No.699[元記事へ]

パキラさんへのお返事です。

よくぞここまで手を入れられましたねえ。完成までの苦労はブログの制作記を見てビンビン伝わってきます。失敗のリカバリーも多々あったようですが、やり始めたら意地でも完成に持っていくのが次の励みになります。
またフル開閉にしたのにドアやトランクを閉じた時にぴったりとできていますね。こういうところが大事だと思います。
私も改造は好きですが、どうしても展示会のウケを狙ってしまい、見える所はいじるものの、そうでないところは思いっきり手を抜く癖があります。バキラさんはやりたいところはすべて手を入れているようで、私も見ていて冷や汗かきそうです。

気の付いたところを書いてみますね。

エアブラシはお持ちのようですが、今回は色の調合が難しくて缶スプレーを使ったようですね。私はエアブラシのカップに缶スプレーの塗料を吹き入れて使うことが結構多いです。コストはかかりますが、狙った色が缶スプレーにあるときはその方が楽ですから。
エアブラシの方が缶より仕上げは格段に楽なので、調合で悩むならそうされては?と思いました。

ドアなどのヒンジはボディー塗装後に作ってますが、やはり塗装前に決めてしまい、ヒンジはボディーやドアに取り付けてから塗装した方がきれいに行くのでは?と感じました。

光り物の表現は適材適所でやるしかなく、ご存じのように私はミラーフィニッシュはあまり得意ではなくて(特に切り難さ)、メッキシルバーかメタルシールを使う時が多いです。今回メッキシルバーはあんまりうまく行かなかったようですが、これも色々やりながら腕を上げて行くしかない。上手くコツが見えてくれば手放せない塗料になると思いますよ。

何はともあれ入魂の一作を見せていただき、ありがとうございました。次もまた楽しみにしています。
 

レンタル掲示板
/39