teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


まだありましたか!

 投稿者:ウィローメール  投稿日:2003年 9月15日(月)23時21分31秒
  ぷるまん様

レス、有り難うございました。お元気そうで?!何よりです(笑)。阪神も優勝したことですし・・・!!

そうですか、ナンバー無しのバスがそういう目的で運び込まれていたんですね?私も、あまり関空の建設当時には興味を持っていなかったですし、それに工事現場ですからねぇ・・。
ただ、ウロ覚えですが、TVのニュースかなにかで、空からの映像が流れた時に、チラッと
島内にいるバスが映ったことがあるように、ウロ覚えながら記憶があるんですヨ。お話しを伺うまで、キレイさっばり忘れていました(苦笑)。そうでしたか・・・。フムフム。

それから、孝子峠を下りる途中の廃車体置き場、やはり、中途ハンパな所やな・・とは思ってましたが、そうですか、1年ほどで無くなりましたか・・・。情報、有難うございます。

そして、孝子峠を下り切った所の工場のあの廃車体、まだあったんですねェ〜。嬉しい〜♪♪自分自身ではなかなか行く機会がなくて、どうなってんのかなぁ・・・と、ごっつい気になってたんです。で、和歌山方面のファンの方々と知り合うごとに、折を見て尋ねていたのですが、この件で具体的にハッキリとした報告を下さったのは、ぷるまん様が初めてです。本当に心から感謝いたします。有難うございました!!
そうですね、白急?という可能性もあるかもしれませんね。何しろ平ボディですし・・。

 
 

Re:孝子峠と言えば・・・。

 投稿者:ぷるまんメール  投稿日:2003年 9月15日(月)00時57分20秒
  ウィロー様

レス有難うございます。ホントお久しぶりです。ちゃんと生きてます(笑)。

関空建設当時のことは、私も他には全くと言っていいほど知らないのですが、作業員の宿泊所としてナンバーのないバスが多数島に運び込まれていたという話は、ニュースなどで見た記憶があります。
和バスの件の車輌やウィロー様のお話のもと阪急バスは輸送手段として生きたバスだったということで、その内容や請負形態等ちょっと興味が湧きますね。

孝子峠の廃車体置き場、確かに一時存在しました。ほんの1年間ぐらいの短い期間だったように思います。私も明光バスの青ラインのRCをそこで見たことが有ります。
またふもとの解体工場も現在もあり、確かに丸い屋根の帝国か金産系の観光車があります。
一度許可を頂いて確認に行きたいとは考えているのですが、まだ実現できてません。国道からは真っ白い屋根しか見えませんが、白急っぽいかな?
 

孝子峠と言えば・・・。

 投稿者:ウィローメール  投稿日:2003年 9月14日(日)02時47分26秒
  ぷるまん様

いやぁ、久々ですね?いかがですか、お元気でしたか?そろそろメールしようかなァ・・と思っておりやした(笑)。
そうですか、関空には、やはりそんなバスたちが出入りしていたんですね?私が人サマの話しを聞いて、知っているのは、私の地元の阪急バスが、オリジナルカラーのまま、関空建設時に、奈良ナンバー(白)で走っていたらしい・・・という話しは、聞いたことがありますヨ。
孝子峠と言えば、96年頃には、和歌山側に下りる途中に、廃車体置き場?のような場所がありました(なんでしたら、添付で送ってもいいです)。私が友人と撮影した時は、明光バスの廃車体や、JR東海バスの廃車体などもありました。
それから、もうバラしても大丈夫でしょうが、孝子峠を下りた所に、今はどうか知りませんが、以前は、工場があって、いつも石灰のような白い粉??だらけになっている場所があったのですが、そこに、古〜い日野のRC系とおぼしき、観光系のボディ(帝国?)の廃車体がありました。あれは、どうなったんかなぁ・・と、いつも思っていたのですが・・・。
いつも古い話ばかりで、スミマセン。
 

お久しぶりでございます。

 投稿者:ぷるまんメール  投稿日:2003年 9月13日(土)23時33分21秒
  みなさま、お元気でいらっしゃいますか?
ぷるまんです。何ヶ月ぶりかのカキコさせていただきます。

和バスの古い画像、懐かしいですね。
クリームと朱のツートンの塗装は現在でも市内や近郊で廃車体で結構目にすることが出来ますが、
赤い戦車?塗装はそのまま廃車になった車輌が極端に少ないせいか、見ることができないようですね。55年の899から採用され、現在中型車最古参としてがんばっている1354~1359RJまでが赤一色で登場した車輌たちですね。
ただ、私が個人的に気になってる、というか撮り逃がして悔やんでいるのが関空建設時、空港島内で働いていたといわれる、他社から転入のクリーム・朱ツートンの車輌たちです。
詳しくご存知の方がいらっしゃいましたら御教示願えたら幸いですが、RE140,RC320といった長尺車(旧所属が想像できそうですね)が現塗装ではなく、旧ツートンに塗られて、活躍していたようですね。MPブルドックもありました。
一度だけ大阪、和歌山府県境の孝子峠を和歌山市内に向かってやってくるその車輌に遭遇したことがあります。和歌山22き・45*という営業ナンバーをつけたそれらは、1台はREかRCのどちらか、もう1台はMPでした。定期検査かはたまた役目を終えて退役の瞬間だったのか、そのときはただただルームミラーに消え去るのを見送るのみでした。
古い写真を拝見しててそんなことを思い出しました。

ふくてつ様、ウィロー様、
ご無沙汰いたしておりまして申し訳ありません。
まだまだ毎日暑いですね。今年はホント変な夏です。

和バス10.5m車は、うち2台が早くもラッピング車になってますね。
逆に古参HTの84がサイドに広告の無いきれいな姿になってます。
 

ウィローさん、毎度です。

 投稿者:ふくてつ  投稿日:2003年 8月24日(日)00時00分51秒
  和バス画像、さっそく観ていただきありがとうございます。
久々の画像追加更新です。
和バス画像はもっとあるのですが、今回はとりあえず古い分を先にと思い
UPさせていただきました。
しかし、お盆の間とはうって変わって蒸し暑い日が続きますね!
みなさん、お変わりございませんか?
あっ、そうそう田辺観光に新車が入りましたよ!
和歌山200か171 MS86MP
和歌山200あ 75 BCW41 日産シビリアン 
以上2台8月に登録されています。 
 

和バス画像、拝見しました。

 投稿者:ウィローメール  投稿日:2003年 8月19日(火)23時28分58秒
  ふくてつ様
残暑お見舞い申し上げます。いかがお過ごしでしょうか。

和バスの画像、拝見しました。RE100にしても、川崎ボディのBU10にしても、いいですねぇ。懐かしいです。私がバスの撮影目的で和歌山に行った時は、もうツートーンの旧い塗装は、わずかに残るだけでしたが・・・。それでも懐かしい姿を見られて嬉しかったです。有り難うございます。では、また。
 

丸いルーバーのBA系

 投稿者:ウィローメール  投稿日:2003年 6月17日(火)00時16分41秒
  くぅ様
レス、有難うございました。こちらこそ、お世話になっております。

そうですねぇ、丸いルーバーのBA系というのは、実は、1960年代前半の仕様のようで、資料をあたってみますと、1967年に、それまでBA743というように、BA***と3ケタだった型式表記を、BA10、BA20というように、BA**と2ケタ表記になり、マイナーチェンジした時期を境にして、丸いルーバーは姿を消したようです。
ちなみに、1950年代には、ルーバーがまん中にあり、横に細長いルーバーを4本束ねた形のルーバーでした。これはラジエーターの位置がまん中にあったからです。ラジエーター位置の変更に伴って、ルーバーが左になったのです。
実は丸いルーバーは、当該年式のBA系だけのものではなくて、BU系(オバQなど)や、BA系にターボを載せたBR系でも、丸いルーバーをしていたんですヨ~♪

*NA2003の廃車体は、画像を見ただけで判断しているので、ナローサイズではないかもしれません。ですから、ページでの表記は、「BA20N?」と書かれたほうが無難ではないかなァ、と思います。
 

ありがとうございました

 投稿者:くぅメール  投稿日:2003年 6月16日(月)10時16分18秒
  ふくてつ様、ウィロー様

情報ありがとうございました。
早速、改善して再UPしておきます。
本当にありがとうございました。

ウィロー様へ
山陽バスのBUって・・・あ~、我ながら呆れますね。
ところで、BAって後部グリルが丸型じゃないものっていたんですか?
私の幼少期の地元浜松には古いBAしかいなかったんです。
まして、遠州鉄道にはS60年には2台しかいなかったんですよ。
したがってBA(山岳地区の名車)ってすごく憧れたんですけどね・・・

http://www30.tok2.com/home/kuu0973/

 

廃車体の型式についての情報2

 投稿者:ウィローメール  投稿日:2003年 6月15日(日)03時12分12秒
  くぅ様
第2弾です。この場をお貸し下さいましたふくてつ氏に深く感謝致します。
*OS2401の京交のカマボコBAですが、これはWB4,800ミリのBA30です。何故なら、BA系で、後ろ扉が設置可能だったのは、BA30だけだったからです。ちなみに、BA30はリーフサスのみの設定で、エアサスはありません。このBAは、京交では昔から少数派だったいすゞの、しかもカマボコの廃車体として、ファンにはつとに有名でした。
*OS2501の山陽バスですが、残念ながら、これはBU系などではありません・・あしからず。こんなWBの短いBUがあったら、パワーが勝ち過ぎて逆に恐いですよ(苦笑)。
これは、BA20です。リアにエンジンルーバー(グリル)が残っているので、1975年式以前の年式と思われます。いすゞは他メーカーに先駆けて、騒音対策として昭和50年にルーバーにフタを付けていったので、それでおおよその年式を知る手がかりが得られます。奈良交通に一杯居た、BA20の写真と比べて御覧になれば、一目瞭然ですヨ。
次は奈良県。
*NA0001は、これは凄いですね。こんなにまで錆び切っているのに、02年まで撤去されずに残った、というのは、奇跡のような話しですね。凄いです。びっくりしました。
私が言える事は無論、殆どが推定になりますが、一つハッキリしているのは、シャシーがいすゞである、という事です。そして、この特徴的なライトベゼルの形状から、いずれボディメーカーも判明するだろう、と思います。
なぜ、いすゞか?と言いますと、フロントに1959年頃から使われ始めた旧いウイングタイプのいすゞのマークが付けられていた跡が残っています。この2番目に旧いマークは、まん中に小判型の、縦に「いすゞ」と書かれたバッヂの横に旧いUDのマークのようなウイングが突き出ていたのです。今度、くぅ様の画像掲示板に出そうと思いますが、その跡がついています。
シャシーは恐らくBA系で、フロントオーバーハングを切り詰めた中扉専用形式である事から、WB4,800ミリの1959年式なら、BA351Bと思われます。エアサスなら、末尾にPが付きます。1960年式だとBA548となり、エアサスなら、Pが付きます。
*NA2003は、BA20で間違いありませんが、これ、車体幅が少し狭いでしょ?そう見えません?(画像が歪んでいるのでなければ)これは、狭隘路線用に開発されたナローサイズのBA系で、BA20Nとなります。全幅が200ミリ狭く(細く)なっています。
まだリアルーバーも、ISUZUのバッジも付いている上に、ウインカーがオレンジ1色なので、72~73年頃の年式と推定できます。
 

廃車体の型式についての情報です。

 投稿者:ウィローメール  投稿日:2003年 6月15日(日)00時52分25秒
  くぅ様
レス、有難うございます。御坊南海に行ったRJの話題、存じておりますヨ。なかなか興味深い移籍です。
さて、早速ですが、この場をお借りして、型式の情報を少し書いてみます。いずれは、くぅ様のボードにお邪魔する所存です。そのときは、どうか宜しくお願いします。
まず、大阪府の廃車体から。
*OS0002のMK?ですが、これ、タイヤと、タイヤハウスが大きいので、MKではなく、「小さな大型車」のカテゴリーに入るMM系だろうと思われます。MM115Hでしょう。ちなみに、後ろ扉が引き戸のこの姿は、限り無く、阪急バスの吹田営業所に居た、MM115H、76-1456に極めてよく似ています。
*OS0007は、ライトベゼルが丸っこい特徴的な形をしているので、可能性としては、MK系よりも、その先代のモデルである、B623Eか、MR620かもしれません。おおよその年式が分かれば、判定できます。
*OS2001の金剛バスは、長さを表す記号が抜けていますヨ。識別法としては、扉間の窓が8個あり、そのサイズから見て取ると、ホイルベース5,400ミリのB800Lと思われます。狭隘路線が多いので、これ以上ホイルベースが長いものを入れるのは、非合理でしょう。
*OS2201の京阪バスは、1968~72年頃の呉羽のMR470と考えて、まず間違いない、と思います。京阪は、ごく一部の例外を除いて、サスペンションや、ホイルベース(以下、WBと略す)など、自社仕様をキチッと揃えているユーザーなので、470サイズを入れていて、次に、急に420サイズを入れる、などという事は、殆どありませんので・・・。それに、扉間の窓を数えると、ほぼ等間隔に等しい幅のサイズの8個の窓が並んでいるので、WB5,400ミリのMR470とアタリを付けられます。
 

レンタル掲示板
/9