teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: アリイ1/32ホンダt360

 投稿者:えりあん  投稿日:2014年 5月 6日(火)10時40分42秒
返信・引用
  > No.638[元記事へ]

dotage-dogさんへのお返事です。

気になって「花咲かじいオラマ」を確認してみましたがコレいいですね。
あまり大きいスケールのディオラマには向かないとは思いますが、是非使ってみたいアイテムです。

>特に枝に枝をつなぐ作業は、自分には思いもつかない手法で、えりあんさんはすごい技術とアイデアをお持ちの方なんだなぁと、感嘆しきりで何度も画像を眺めています。

いえいえ、ディオラマ作り自体まだ半年くらいですし、もう常に悩み中です。
枝のつなぎは枝が無いから増やしちゃえ~って程度の考えで、くっつけてみたら接木の部分が不自然でしたのでゼリー状の執着で何とかしたという感じです。

素材探しは大変ですが楽しいもので、そろそろ暖かくなってきましたし山でも登るついでに枯れ枝探しもいいかもしれませんね。
と言いつつも天気がいいと塗装しちゃいそうですが(笑)

http://elian.cocolog-nifty.com/blog/

 
 

Re: アリイ1/32ホンダt360

 投稿者:dotage-dog  投稿日:2014年 5月 5日(月)08時50分44秒
返信・引用
  > No.634[元記事へ]

えりあんさんへのお返事です。

はじめまして。
雑食、雑種の雑人間(笑)のdotage-dogです。こちらこそよろしくお願いいたします。

木と花の作り方、とても詳細に解説していただけて、大変参考になりました(嬉)
特に枝に枝をつなぐ作業は、自分には思いもつかない手法で、えりあんさんはすごい技術とアイデアをお持ちの方なんだなぁと、感嘆しきりで何度も画像を眺めています。

また、あるサイトで「花咲かじいオラマ」と言うものも教えていただいて、検索したのですがこれがかなりのスグレものでした。

今は、いろいろな良い素材が発売されているのですね。
えりあんさんの庭が一番良い素材の宝庫?本物の木の質感はやはり本物です。
でも、それを見抜き、ディオラマの素材として活用する観察眼やアイデアが大切ですね。
自分も次こそは!と言いつつ冒頭のような人間なもんで・・・(爆)

こんなものが押し入れにありまして、いつか、いつかと早幾年。
今回教えていただいた事を是非活用させていただきたいと思います。

この度は感想、レクチャーありがとうございました。
 

Re: アリイ1/32ホンダt360

 投稿者:えりあん  投稿日:2014年 5月 2日(金)23時11分15秒
返信・引用
  > No.630[元記事へ]

dotage-dogさんへのお返事です。

はじめまして。
五目モデラーのえりあんと申します。今後とも宜しくお願いします。

カーモデルに限らず模型って単品で綺麗に飾るのも楽しいですが、ディオラマにして一つの世界を作ってそれを眺めるのはまた楽しいですよね。
ベースだけじゃなく荷台の小物も世界観を出していてニヤリとします。

今年に入ってから自分もディオラマに手を出し始めたのですが、やはり同じようにやはり木で悩みました。
そこで今回少しですが試してみましたので参考になればありがたいです。

◎画像上

まず基本となる木はそれっぽい枝ぶりであれば何でもいいと思いますが、今回は庭に生えていた木から持ってきました。
その場合横に生えている枝より、上に向かっている枝を使う方が自然な枝ぶりになるかと思います。

そのままだと生枝で使えないので、葉っぱを取ったら一旦お湯で煮てそれを乾燥(食器乾燥機で一日)させました。

◎画像中

枝が足りないのと先端が太すぎてスケールに合わないので、要所にピンバイスで穴を開けDIY店で売っていたかすみ草をゼリー状の瞬間接着剤でくっつけました。

接着部分と枝の太さが違いすぎるのでゼリー状の瞬間接着剤を盛り付けて自然に慣らします。

◎画像下

最後に情景用のスポンジ(今回は白色しか無かったのでご勘弁を)をGクリアーで接着して完成。
桜ならピンクに塗装したスポンジを使えばそれっぽくなるんじゃないかと思います。

こんな感じでみましたがいかがでしょうか?

幹が細いので桜の木にするにはもう少し太い素材を探すかエポパテを使って幹を太らせたらいいかもしれません。
あと枝はもっと多い方が桜っぽい感じがしますね。
また、もちろん本当は木を塗装した後にスポンジを接着いたします。

取り急ぎの説明となりましたが参考になればと思います。
何か不明な所がありましたらお聞きくださいませ。

http://elian.cocolog-nifty.com/blog/

 

Re: アリイ1/32ホンダt360

 投稿者:dotage-dog  投稿日:2014年 4月29日(火)18時09分57秒
返信・引用
  > No.631[元記事へ]

模型電動士さんへのお返事です。

お忙しい中、早々のコメントありがとうございます。

桜の表現は本当に「あちゃ~」ですよね(笑)
毎度の事ながら、「こんなもんでいいや」な自分がまたもやここに・・・です。
模型電動士さんの「スカイライン2000GT-B」のベース製作をしっかりと読み込んでいれば、もう少し出来たはずと反省しきりです。

それでも、今作品は自分の中で、お気に入りの上位入りは間違いないので、これを超えるものを作るのが今後の目標にもなる作品になりました。
またいつか違うシチュエーションにもチャレンジしたいと思います。

田植え!!頑張ってください(^^)
クレマーポルシェ同様、おいしいお米も期待しています。
なんて(汗)


 

Re: アリイ1/32ホンダt360

 投稿者:模型電動士  投稿日:2014年 4月28日(月)21時42分59秒
返信・引用
  > No.630[元記事へ]

dotage-dogさんへのお返事です。

完成、おめでとうございます。
完成キットだけで見る人に何かを訴えるには相当の技量や作り込みも必要になることがありますが、フィギュアを絡めたりディオラマに仕立てると、一つの世界を作り出すことができますね。
特に1/32はキット自体が小さいので、ディオラマにしてもそれほどのスペースは取りませんから、ディオラマに向いているサイズと言えるかもしれません。
(逆にキットへの注目度が減ってしまう恐れもありますが)。

今回の作品、軽トラックと桜、そして無舗装のあぜ道を組み合わせたことで、ちょうど今の季節にふさわしいみずみずしさが出たんじゃないかと思います。
(この連休の後半は、私も奥さんの実家の田植えの手伝いがあります)

水色の車、地面の緑、そして桜のピンクがマッチしています。

私はディオラマについては語るほどの腕や知識はないのですが、あえて感じたことを書かせていただくと・・・。

桜はちょっともったいないかなー。もう少し花びらを細かく仕上げればさらにリアルになったかなと感じました。そのやり方は良くわかりませんが、おそらく枝をもっと細かく作り、花びら(のかたまり)も小さくして盛り付けて行くと良いのでしょうか・・・。
花びらの色も、ちょっとピンクが濃いでしょうか。ここ新潟では桜も終わりましたが、桃の花はまだあちこちにみられます。桃に比べると桜は色がかなり薄く(ソメイヨシノの場合)、ほんのりしたピンクが特徴かナーと思います。

自分でできもしないのに好きなこと言ってごめんなさい。

何はともあれ、とても鮮やかなこの作品は、他の人に見せれば誰もが「いいね」と感じると思いますよ。この方向性、ぜひ極めて行ってください。私も追いつきたい。
 

アリイ1/32ホンダt360

 投稿者:dotage-dog  投稿日:2014年 4月27日(日)22時12分7秒
返信・引用
  模型電動士さん、閲覧者の皆様こんばんは、dotage-dogです。
アリイ1/32ホンダt360が完成いたしましたので投稿させていただきます。

1) 着手日:2014.3.9 完成日:2014.4.27
2) ボディー塗装は基本Mr.カラーですが、自家調色した青が余っていたの
 で、それに白を少し加えて塗装しました。
3) 苦労したところは・・・製作中の腰痛発症(爆)
    手を加えたところも特になしです。
    PRポイントはやはりこの「桜咲くあぜ道」のジオラマです。
  自身初のジオラマですが、桜の表現は置いといて、草地と水の表現が思いの
  他うまく出来たと自画自賛しています。
4) 参考情報ですが、t360本体はバリやヒケの多いキットですが、作りにくさ
  と言うのはないと思います。
  クリアーコートと研ぎ出しの行程をしていないからでは?なのですが。
  今回はお手軽工作を目指しましたのでご容赦ください。
5) 閲覧者様へ。感想を是非お願いいたします。
  あと、桜の花とか・・・花の表現方法で良い方法をご存知の方、是非レク
  チャーしていただけたらと思います。
    ここはあまりにもお手軽に済ませてしまった反省点です。

http://dotage-dog.digi2.jp/dotage-dog/top.html

 

Re: アオシマ 1/20 デ・トマソ パンテーラ GTS スペシャル

 投稿者:えぼろく  投稿日:2014年 3月31日(月)00時17分8秒
返信・引用
  > No.627[元記事へ]

模型電動士さんへのお返事です。

早速のコメントを頂きありがとうございました(^^)

パンテーラですが最大の失敗はやはり塗り分けです。前回のストラトスよりも汚くなってしまいました。
ライトブルーを塗装後、軽くクリヤーを吹いたのがいけなかったのかもしれません。
ブルー/ブラックで塗り分けたまでは良かったのですが、仕上げのクリヤーを吹いたらブラックの部分が無残に流れてしまいました。

前回のストラトスでも塗り分けは指摘されてたので、今回は気合を入れてたのですが裏目にでてしまいました(^^)
研ぎ出しもまだまだあまいですね。ペーパーはかけたのですが、面出しが出来てないですね(^^)

アドバイスしていただきありがとうございました。
また、投稿したいと思います(^^)

電動士さんの935、完成が楽しみです。
 

Re: アオシマ 1/20 デ・トマソ パンテーラ GTS スペシャル

 投稿者:えぼろく  投稿日:2014年 3月31日(月)00時13分31秒
返信・引用
  > No.626[元記事へ]

ヒカルさんへのお返事です。

ヒカルさんこんばんは。いつもコメントを頂きありがとうございます(^^)

ヒカルさんの投稿車種も私には「ドストライク」な物ばかりです。
前々から好みが同じだなーと思っていました(^^)
ヒカルさんの作品楽しみにしています。

入院中と言うことで、一日も早いご回復をお祈りしております。お大事に(^^)
 

Re: アオシマ 1/20 デ・トマソ パンテーラ GTS スペシャル

 投稿者:模型電動士  投稿日:2014年 3月30日(日)20時44分17秒
返信・引用
  > No.625[元記事へ]

えぼろくさんへのお返事です。

パンテーラですか。カウンタックやBBほどのオーラはなかったかもしれませんが、当時のいわゆる「スーパーカー」の一つとして、私のまさにど真ん中ストライクの車種です。昔、マルイで作ったこともあります
(フジミから新作が出た時は期待大でしたが、ちょっと出来が”アレ”でしたね)。

またアオシマの1/20とは素晴らしい。

見た感じ、とても自然なプロポーションに感じられます。とは言っても大きく色々いじったとのことなので、オリジナルのままではここまで良くないのかもしれません。

その他、他車から持ってきた各種パーツもうまく馴染んでして、不自然さがありません。全体にまとまりのある作品に仕上がったと思います。

褒めてばっかりでは何なんで、あえて気になった所と言えば・・・。

ボディーの青と黒の塗り分け線にやや乱れと言うかギザギザが感じられます。他の所にすごく手間をかけているのですから、ここのマスキングも細心の注意を払って作業すると、ずっと完成度が高まると思います。

やや全体的にシャープさが不足しているでしょうか。例えば5つあるボンネットダクト周辺を見るとわかるように。本来平らなはずの面が膨らんでいる感じ・・。クリアーをたくさん吹いたのか、あるいは研ぎ出しの際にフィニッシングペーパーで面を出さずにコンパウンドをかけてしまったのかわかりませんが・・・。
上手く言葉では表現できないのですが、平らなところは平らに、エッジを出すべきところはしっかりと・・・をもう少し意識した方が良いように感じました。

とまあ好きなこと書きましたが、この作品はとてもいいですよ。私もストックの中から、次やるなら昔のスーパーカーかな、なんて思ってしまいます。
 

Re: アオシマ 1/20 デ・トマソ パンテーラ GTS スペシャル

 投稿者:ヒカル  投稿日:2014年 3月30日(日)11時32分18秒
返信・引用
  えぼろくさんへのお返事です。

こんにちは、えぼろくさんヒカルと申します。
パンテーラはやっぱりかっこいいですよね。
えぼろくさんの投稿車種いつも僕に刺さるんですよね。

自分は今入院中でiPhoneで見てます。
もうすぐ退院なので、早く仕上げたいモノを
弄りたいです。

えぼろくさんにインスピレーションを与えて
頂き作りたいプラモの順番がまた増えました。
それでは又、掲示板で会いましょう。
 

アオシマ 1/20 デ・トマソ パンテーラ GTS スペシャル

 投稿者:えぼろく  投稿日:2014年 3月28日(金)19時37分50秒
返信・引用
  模型電動士さん、閲覧の皆様こんにちは。 えぼろくと申します(^^)

アオシマパンテーラを製作しましたので投稿させていただきます。
グンゼパンテーラの箱絵を参考にイベント仕様みたいな感じで作りました。
昨年、一度作ろうと仮組までしたんですがフロントのワイドな車幅のプロポーションがおもちゃっぽく感じてしまい、一年近く放置していました。
今年に入り、気を取り直して製作スタート。いつの間にか夢中で作っていました。
失敗した部分も多々ありますが、よろしくお願いします(^^)

◎製作期間
1月中旬から3月下旬(約二か月半)

◎塗装方法
タミヤ缶スプレー ライトブルー/ブラック クリヤー

◎PRポイント
少しでもワイド感を払拭したくてフロントフェンダーを中心にガリガリゴリゴリ削ってます。
Fオーバーフェンダーも細身にカットして、広がったフェンダーアーチはパテで修正してます。

フロントグリルとボンネットダクトは開口。フロントタイヤは少しキャンバーを付けてます。

リアスポイラーを追加、マフラーも変更しました。室内は邪魔な電池ボックスを切り離しディテールアップしてます。

ヘッドライト、ドアミラー、運転席シート、リアスポイラー、アンダーガードのパーツはタミヤのフィアット131より流用しました。ドアのとってはプラ板です。

ルーフに付いたエアーインテークポットは最初、拡声器みたいでスルーするつもりでしたが付けてみると、意外とカッコ良かったです。

◎閲覧者への要望
「ご感想」などありましたらよろしくお願い致します(^^)
 

Re: フジミ 1/24 初音ミク グッドスマイル BMW Z4 GT3 Rd3 Sepang+Rd8 Motegi

 投稿者:TAC  投稿日:2014年 3月22日(土)17時43分19秒
返信・引用
  模型電動士さんへのお返事です。

早々のお返事、ありがとうございます。

> 二台同時進行、お疲れ様でした。知人からの依頼とのことで作った後に手元から離れてしまうと寂しいものでしょうが、同時にご自分のものを作ると塗装なども効率的に行えますから、おそらくばらばらに作るよりも2~3割は制作時間も短くなるでしょう。
> (実際、二台で100時間は結構短いと思います)

模型の場合、製作(作って楽しむ)⇒完成(所有して楽しむ)⇒記録(写真を撮って楽しむ)等、様々な楽しみ方があると思っています。その内、2つを経験出来ましたので、それなりに満足でした。手元から離れてしまうのは少々惜しい気もしますが、しっかりと写真を手元に残していますので大丈夫です。(^_^)

> で、じっくりと画像(アルバム含め)拝見させていただきましたが、ただ一言、素晴らしいです。面倒なデカールもきっちり貼られていますし、どこを見ても破綻がないです。私もここまでできるか自信ありません。

お褒め頂き、ありがとうございます。
最近、デカールの多い車を作る機会が多く、ちょっと分かった(発見した)事があり、他の方にも役に立つかも知れませんので、参考までに記載したいと思います。

・熱綿棒の作り方。色々と試した結果、私の場合は半田ごてを利用しています。綿棒に水を含ませ、半田ごての根本の部分に綿棒を軽く回しながら押しつけます。そうすると簡単に熱した綿棒を作ることが出来ます。熱綿棒でデカール貼りの難易度がグッと下がりました。また、柔軟剤と組み合わせれば、密着度も上がりクリアの際の気泡(デカールの浮き)の発生も抑えられます。 ただし、余り熱い綿棒を押しつけると、デカールの表面層が荒れて、ザラついた感じになりますので注意が必要です。
 ※半田ごてを利用する際は、半田ごてが安定する様、固定する台を利用してください。火傷には注意です。
・冬場は室温を高めに設定する。室温が低いと馴染ませる前にデーカールが割れてしまう事があるので、その対策として室温をなるべく高めに設定した方が良いです。ただし、直接温風が当たる環境ではデカールが乾燥してしまいますので注意が必要です。
・適度に分割する。無理に馴染ませるよりも、適度に分割して貼った方が良い場合があります。今回のZ4の場合、両サイドに貼ったキャラクタの髪の毛が丸みをおびたリアフェンダにかかり、非常に貼りづらいです。ここは髪の毛のラインに合わせて毛先を分割して貼ると難易度が下がりました。
・伸ばしすぎると印刷が割れる。いい気になって伸ばしすぎると、透明部分は伸びますが印刷部分が割れてきます。デカールの種類にもよりますが、伸ばしすぎ注意です。

> あえて・・・となれば、パネルの継ぎ目がもうちょっとシャープだったらと思うものの、デカールを貼っての仕上げとなりますので、これ以上何とかしろと言うのは酷かもしれませんねえ。
> また実車の写真と比べると、実車はサイドのモールやクオーターウインドウ部分(給油口周り)がカーボンのようですので、ここにもカーボンデカールを使えば、さらにそれらしくなったのかもしれませんが、ここは好みもありますので、どちらが良かったかは何とも言えないかもしれません。

パネルの継ぎ目はおっしゃるとおり、少々ダルい感じは否めませんね。今回、パネルラインはデカールの重ね貼りを考慮して、ちょっと太めの0.2mmのタガネを利用しました。これが影響したのかも知れません。この辺は試行錯誤しているところなので次回作で改善したいところです。
あと、カーボン柄はデカールを綺麗に貼る自信が無く、オミットしてしまった箇所です。フロントのアンダーカバーやリアのディフューザーを含め、メッシュを利用したカーボン柄塗装に挑戦したいと思っていたところです。次回は

次回はハセガワのミウラを製作予定でしたが、ちょっとGT300シリーズを極めてみたくなり・・・この辺も製作しています。

・GAINER DIXCEL SLS Mercedes-Benz SLS AMG GT3
・GSR 初音ミク BMW Z4 GT3 2013 SUPER GT
・NAC ARISE DR ポルシェ911 GT3R

また、完成しましたら、投稿させて頂きます。
コメント頂き、ありがとうございました。

http://gencolle.jp/useritem/detail/item029440

 

Re: フジミ 1/24 初音ミク グッドスマイル BMW Z4 GT3 Rd3 Sepang+Rd8 Motegi

 投稿者:模型電動士  投稿日:2014年 3月17日(月)23時22分43秒
返信・引用
  > No.622[元記事へ]

TACさんへのお返事です。

二台同時進行、お疲れ様でした。知人からの依頼とのことで作った後に手元から離れてしまうと寂しいものでしょうが、同時にご自分のものを作ると塗装なども効率的に行えますから、おそらくばらばらに作るよりも2~3割は制作時間も短くなるでしょう。
(実際、二台で100時間は結構短いと思います)

で、じっくりと画像(アルバム含め)拝見させていただきましたが、ただ一言、素晴らしいです。面倒なデカールもきっちり貼られていますし、どこを見ても破綻がないです。私もここまでできるか自信ありません。

これをいただいた知り合いの方は幸せ者ですねえ。

あえて・・・となれば、パネルの継ぎ目がもうちょっとシャープだったらと思うものの、デカールを貼っての仕上げとなりますので、これ以上何とかしろと言うのは酷かもしれませんねえ。

また実車の写真と比べると、実車はサイドのモールやクオーターウインドウ部分(給油口周り)がカーボンのようですので、ここにもカーボンデカールを使えば、さらにそれらしくなったのかもしれませんが、ここは好みもありますので、どちらが良かったかは何とも言えないかもしれません。

何はともあれ、こんな素晴らしい仕上がりの作品を見せていただき、ありがとうございました。
 

フジミ 1/24 初音ミク グッドスマイル BMW Z4 GT3 Rd3 Sepang+Rd8 Motegi

 投稿者:TAC  投稿日:2014年 3月17日(月)00時25分9秒
返信・引用
  掲示板ご覧の皆様

過去にコルベットC5-Rルマン・・・アオシマのハイラックス等を投稿させて頂きましたTACと申します。

フジミの初音ミク グッドスマイル BMW Z4 GT3 Rd3 SepangとRd8 Motegiを製作しましたの投稿させて頂きます。
知人に製作を依頼され、Rd8 Motegiを作成する際、良い機会なので既に購入済みの自分用(Rd3 Sepang)も一緒に製作しました。
ほぼ同一モデルを2台同時製作するのは初めてでしたが、1台目での失敗(教訓)を活かし、2台目を製作するので、思いの外進みは早かった様な気がします。
R3とR8の違いはデカールのみです。ルーフに個人スポンサーの数が表示されており、9303⇒Rd3 Sepang、16056⇒Rd8 Motegiとなっています。

知人へ渡す方は、いつものダイソーのケースに納めています。
実車をネットで画像検索した際、優勝車を展示している写真を見つけて、それを参考に作成しました。ケースに納めたのはR8の方です。

1.着手日:2013/11/01 完成日:2014/03/16 製作時間は約100時間位
2.ボディー塗料:ボディカラーはサフレス仕様で作成し、フィニッシャーズのファンデーションホワイト、クリアはガイアノーツのEXクリアを使用しています。いずれもエアーブラシです。
3.PRポイント:
・ドアミラーの形状が異なるため、修正しています。(形の変更とステーの追加)
・BMWのロゴは、銀色に塗ったプラペーパにデカールを貼り付け、ジェルクリアで盛って立体感を出しています。
・アンテナは0.3mmのインセクトピンに置き換えています。
・シートベルトを追加しています。
・車高を1.5mm下げています。
4.参考情報:
・室内の塗り分けは結構面倒です。通常は白⇒黒と塗りますが、黒⇒白と塗った方はマスキングし易いです。
・ウインドパーツはピッタリ過ぎるので塗装を考慮し、クリアランスを取る必要があります。
・車高が高いので下げたいところです。(加工は結構面倒)
5.閲覧者様への要望:
もしよろしければ感想など頂ければ幸いです。

http://gencolle.jp/useritem/detail/item029440

 

Re: アオシマ Y30セドリック

 投稿者:おさむ  投稿日:2014年 3月 2日(日)23時56分22秒
返信・引用
  > No.620[元記事へ]

模型電動士さんへのお返事です。

返事遅れてすみませんでした。
フロントタイヤは調整が甘くてはみ出てしまいましたので、
ちょっと惜しかったなあと思っています。
これからもよろしくです。
 

Re: アオシマ Y30セドリック

 投稿者:模型電動士  投稿日:2014年 2月16日(日)21時13分27秒
返信・引用
  > No.619[元記事へ]

おさむさんへのお返事です。

今回も「V30ターボブロアムVIP」から「V20ターボS」への改造、普通ダウングレードをしようとはなかなか思わないものですが、おさむさんの感性は独特で貴重だなあと思います。
今回の改造も、知らない人にはどこをどう直したかがまったくわからない。実車の違いが判らないことに加え、改造した部分がアラなく仕上がっていることも大きいですね。

写真を見ての感想ですが、今言った改造部分のレベルが高いので、それ以外となると・・・。

シルバーは確かにもうちょっと明るかった方がコントラストが出てきたり、派手な感じになって良かったかなと思います。今回のように色で悩んだときは、プラ板やジャンクボディーに塗ってみるのが一番です。一日、二日の手間になるかもしれないけど、自信を持って本番で塗れますね。

今回はボディーにホコリが多くついているのがちょっと残念。私は直前になればすべて水洗いしてホコリを除去しますし、完成後も展示会に出す前は結構水洗いします。

フロントタイヤはもうちょっと引っ込んでいた方が良かったかな・・・。それが狙いなのかもしれないけど、写真を見た印象では、リアはOK、フロントは少々広いように見えました。

以上ですが、おさむさんの作品はいつも手が込んでいて、私もとても刺激をいただいています。次もお持ちしていますね。
 

アオシマ Y30セドリック

 投稿者:おさむ  投稿日:2014年 2月15日(土)21時14分54秒
返信・引用
  こんばんは。おさむです。

今回の作品は、アオシマの「Y30セドリック V30ターボブロアムVIP」をべースに、
5ナンバー仕様の「V20ターボS」というグレードを再現しました
細かいエンブレムなどは用意できなかったので雰囲気だけの再現です。
また、純正ホイールもキットには入ってなかった(ブロアムとターボSは共通なので
入っていれば使えた)ので社外ホイールを履いてちょっといじった仕様にしました。

○着手日 H25年12月29日
○完成日 H26年2月15日

○塗料 ボディ色はカタログ色のブラウンツートンです。ブラウンの部分は、
    水性ホビーカラーのカッパーにクリアレッドとブラックを少々。
    シルバーの部分は実写ではかなり明るいシルバーなのですが、
    少し暗くしたほうが模型的には引き締まるのではないかと思い
    暗めに調色したのですが、もう少し明るくても良かったかも。。。

○改造ポイント

 ・バンパーを大幅に改造(3ナンバーと5ナンバーでバンパー形状がかなり違う
             ので苦労しました)
 ・フロントライトの反射鏡を作る(キットでは内側が空洞だったので)
 ・社外マフラー(ホイールをやむを得ず社外にしたので、バランスをとるために)
 ・フロントシート交換(ターボSの純正と雰囲気が似てるものをジャンクから)
 ・マニュアル化(シフトノブとペダルを交換)
 内装の写真が見にくくてすみませんです。

○このキットを作る人へ
 テールランプの合いが良くないので調節必要です。

以上です。感想お願いします。

 

Re: タミヤ改造 1/24 ミニ・ピックアップ

 投稿者:えりあん  投稿日:2014年 2月 7日(金)01時32分3秒
返信・引用
  > No.617[元記事へ]

模型電動士さんへのお返事です。

こういった小物関係はあまり作らないので苦労しましたが、山のような部材を引っ掻き回して似た部品や素材があれば利用して製作といった感じでした。
電動士さんのおっしゃる通り色々なジャンルを作っているので、そのお陰か素材も色々持っているのは強みかも知れませんね。

今回行なった退色再現や燃料タンクの全体サビ塗装などは初の試みでしたが、結構上手くいったんじゃないかと思います。

このディオラマの一応のイメージとしてはアメリカの片田舎の寂れたミニのショップ(あまり無さそうですが)と言った所でしょうか。
最初はミニがモチーフという事もありイギリスを題材としていたんですが、資料を集めているうちにアメリカ色が濃くなってしまって、その御陰でどっちつかずな雰囲気になってしまったかもしれません。
年始にプレスリーの「ラスベガス万才」を見たのも少し影響しているかも…

次回はもう少しイメージをしっかり持ってから製作したいと思います。

http://elian.cocolog-nifty.com/blog/

 

Re: タミヤ改造 1/24 ミニ・ピックアップ

 投稿者:模型電動士  投稿日:2014年 2月 6日(木)23時25分16秒
返信・引用
  > No.616[元記事へ]

えりあんさんへのお返事です。

私もいすゞワスプで小物を作ったんで、えりあんさんのブログでの小物制作過程をすごく興味深く見ていたんですが、燃料給油機、燃料タンク、看板立て、ドラム缶・・・こういう方法で作るのか!と驚きの連続でした。
しかも完成後に適度な汚しが入っていて、これまたリアル。ここは今の私では到底無理な表現技術ですねえ。

前にも言ったと思うけど、マルチで色んなジャンルの模型を作っている強みなんだなと思いますわ、ホント。

国はどこをイメージしているんでしょうかねぇ。大好きな映画「バグダッド・カフェ」を匂わせますし、柵の所にある飲み物の看板からアメリカをイメージしますが、車は英国車だし。

もう一つ、写真のライティングが上からの光り主体で、影がしっかり出ているところがいいなあと思いました。ちゃんと狙ってやってるんですね。
 

タミヤ改造 1/24 ミニ・ピックアップ

 投稿者:えりあん  投稿日:2014年 2月 4日(火)22時43分27秒
返信・引用
  以前通常の掲示板の方へ投稿したミニ・ピックアップをディオラマに仕立てました。
やはりこのてのアイテムは何かやらかした方が面白いですね。

1:製作期間は車両に約2ヶ月、ディオラマに1ヶ月の合計3ヶ月です。

2:ボディの塗装は下地にMr.カラーのマホガニー→下地を若干残しつつMr.316グレー→Mr.カラー混色のイエローを塗装しています。
  ルーフはMr.316グレーだったかな?
  その後エナメルのブラウンでウォッシングや油彩でフィルタリング、サビの描き込みをしています。

3:苦労した部分はリアのハッチを可動とした所です。ですが壊れやすいのでディオラマ化に伴い固定としました。
  ディオラマの小物は基本的に全てフルスクラッチで製作しています。

4:元キットはお馴染みのタミヤのミニなので実に作りやすくていいキットです。
  若干エンジンの取り付けが行いにくいので、接着前に何度か試してみるといいと思います。

5:30年ぶりくらいに本格的なディオラマを製作したので生暖かい目で見てやってください。

それと今週末~来週頭は返信できない可能性がありますのでご了承ください。

http://elian.cocolog-nifty.com/blog/

 

レンタル掲示板
/39