teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: FUJIMI 1/12 スーパーヒーローシリーズ No.5 バトルホッパー

 投稿者:Dr.かーうち  投稿日:2015年11月 8日(日)21時28分10秒
返信・引用
  模型電動士さんへのお返事です。

電動士さん、コメントありがとうございます。返信が遅れて申し訳ありません。

>奥さんは倉田てつをのことを結構知っていてちょっとびっくり。最近もドラマやバラエティーに出てきてますしね(奥さんもリアルタイムで見ていたわけではないのだが)。

もしかしたら奥さん、倉田てつをがタイプでしょうか?(笑)
カッコいいですよねー。ライダーの中では一番のイケメンではないでしょうか?
うちの奥さんに言わせれば「顔が濃すぎる」そうですが…

> 在庫もたくさんあるようだし、どんどん作ってどんどん見せてくださいね。

精進致します。でも新しい物で心くすぐられる物が多く発売されるのでこまったものです。あっちふらふら、こっちふらふら。目移りしちゃって…。
スクラッチの方も放置しっぱなしで…。
ま、課題もないので好き勝手が出来るからいいんですけどね…(笑)
 
 

アオシマ 1/12 モンキー

 投稿者:dotage-dog  投稿日:2015年11月 8日(日)15時09分22秒
返信・引用
  模型電動士さん、掲示板をご覧の皆様こんにちは。
遅くなりましたが、モンキーを投稿させていただきます。

着手日:2015.4.26

塗料等:クレオスを基本に、ガイアクリアーでコート。
    メッキ塗装はアルクラッドとメッキシルバーNEXTを併用
    フロントフォークが黒下地にアルクラッド
    ハンドルがグレー下地にメッキシルバーNEXT
            エンジン右サイド、クラッチカバーがプラ材無垢にメタルプライマー下地にアルクラッド
    キャリアとサススプリングはメタルプライマーにメッキシルバーNEXT
             今回はメッキシルバーの実験に挑戦してみました。

PRポイント:本皮シート、自作チェーンをじっくり見ていただけると嬉しいです。

参考情報:古いキットなので、パーティングラインのズレはかなり酷いです。
     特にハンドルパーツは一番目立つところなのに、一番ズレが激しかったです。

閲覧者様へ:ジオラマチックに仕上げて、ちょっとモンキー本体が見えにくいですが、できる限り
      細部にまでこだわって製作しましたので、よろしければdotage-dogメインサイトの
      ギャラリーもご覧いただけたら嬉しいです。
      感想等ありましたら、よろしくお願いいたします。

http://dotagedog.html.xdomain.jp/dotage-dog/top.html

 

Re: FUJIMI 1/12 スーパーヒーローシリーズ No.5 バトルホッパー

 投稿者:模型電動士  投稿日:2015年11月 3日(火)10時27分5秒
返信・引用
  > No.773[元記事へ]

Dr.かーうちさんへのお返事です。

仮面ライダーBLACKは1987年~88年ですか。私はその時30代半ば。流石に放送は見ていなかったです。
ただ仕事の関係で、機動刑事ジバン(1988~89年)を色々調べていた時期とラップしますが。

あらためて確認すると、このドラマは改めて仮面ライダーの原点に戻って企画され、意に反して改造された主人公の心の葛藤などもテーマの一つのようです。敵組織の設定も凝っていて、力の入った作品だと感じました。
そんなことを調べていたら、奥さんは倉田てつをのことを結構知っていてちょっとびっくり。最近もドラマやバラエティーに出てきてますしね(奥さんもリアルタイムで見ていたわけではないのだが)。

バトルホッパーは「バイク型機械生命体」なんですね。他のライダーマシンとは違う感じが確かに造形にも表れている。
撮影用のマシンは実際のバイクを改造するわけで、本来のイメージスケッチ通りにならないところをどうするかが悩みどころなんでしょうけど、逆に「何とかそれらしくしました」って感じを再現できるのもプラモならではの魅力かと思います。
マフラー、サイドスタンド、ディスクブレーキなどは本来もっと上手く隠したいところなんでしょうけど、そこが見えちゃっているところも味があっていいです。

シートは塗装して正解だと思います。確かにマスキングは手間だけど、私も最近はコツを覚えたせいか、丁寧にやればそんなに失敗しなくなってきました。

在庫もたくさんあるようだし、どんどん作ってどんどん見せてくださいね。
 

FUJIMI 1/12 スーパーヒーローシリーズ No.5 バトルホッパー

 投稿者:Dr.かーうち  投稿日:2015年11月 1日(日)17時39分9秒
返信・引用
  1.着手日、完成日
 9月末~10月末

2.ボディー塗料のメーカー・色名・塗装方法など
 クレオス 66[デイトナグリーン]+色ノ源シアン&イエロー、2[ブラック]等、エアブラシで

3.苦労したところ、手を入れた部分、PRポイントなど
 エンジン部のガードがボディーに合わない。瞬間接着剤を使ってピンセットで3~5分押さえつけて強制接着。白化しないかヒヤヒヤでした。
 触角(アンテナ)は短か過ぎるので0.5真鍮線に置き換え。3倍位の長さに。
 シート(?)部の黒色、赤白のストライプはデカールが付属しますが、モスラの幼虫の様にデコボコなので、そりゃ無理でしょ…ということで全て塗装で。マスキングしても染み出し必至なのでリタッチが大変でした。
 後輪横のバッタ足の肉抜き穴(?)はさすがにパテ埋めしました。
 ボディーはセンター割れなので、接合面処理、塗装を考えて「後付け処理」をしました。…と言っても凹ダボを少しカットするだけでOKです。

4.このキットを作る人のための参考情報
 両目の裏の反射板(?)。組立説明図は座り的に左右が逆だと思う…。

さてさてブラックの愛車…というより生命体なので戦友バトルホッパーです。
見た目は恥ずかしい…というかカワイイ出で立ちですが何故かカッコいい。
OP、EDでの壁を破壊して飛び出す姿(スパークリングアタック)や、ブラックが前傾姿勢で疾走する姿。トンネル内での眼の光。大ジャンプ等々ホント、カッコいいんです。大好きな一台です。
主人公 南光太郎は裸にタオル一枚を腰に巻き、コイツに乗ってゴルゴムから脱出しますが…それはちょっと恥ずかしかったでしょうね(笑)
しかしながら上記項目3に書いた通り、苦労が多くてもう二度と作りたくありません(笑)。
ま、完成したら他の完成品で売ってる高いTOYとは比べ物にならないくらいディテールがシャープ&リアルなので大満足ではあります。
 ここまで来たらサイクロンも並べたいというのが親心ですが、ネットでの評価は最悪…。完成写真を見てもフロント部が平坦でちょっと変…。でもやはり一番好きな奴だからなぁ…う-ん迷う。今日、予約してたバンダイの「ミレニアムファルコン」も届いたばかりだし。MG「V2ガンダム」、海洋堂メガソフビアドバンス「サンダーバード2号」も予約しちゃったから、ちょっと間を置かなくちゃ怒られるなぁ…
 

Re: FUJIMI 1/12 スーパーヒーローシリーズ No.3 新サイクロン号

 投稿者:Dr.かーうち  投稿日:2015年 9月27日(日)22時05分20秒
返信・引用
  模型電動士さんへのお返事です。

電動士さん、コメントありがとうございます。

> 三脚使ってますよね?

いやぁ、さすが電動士さんの眼は誤魔化せませんねぇ。実は一通り撮り終えて三脚もかたずけてしまってから「あ、羽出したバージョン撮って無いわ」と気付いて、また三脚出すのも面倒だったので、無しで撮りました。

> 次はバトルホッパーですね?

はい、続けていきますっ。

サイクロンは、最初のサイクロンとこの新サイクロンの間に改造サイクロンというのもあって、それはアクションが出来る様に、オフロードバイクに最初のサイクロンのカウルを細切れにして着けた様な物です。これもまぁ味があって良いのですが。
最初のサイクロンはモロ、レーシングタイプだからアクションには不向きで、ちょっとしたジャンプでもすぐに変身前のバイクに戻ってました(笑)。着地したらまた直ぐにサイクロンに戻って…まぁ子供心にもその辺の事情は理解してたなぁ…(笑)
藤岡弘、さんは昨年の映画「平成ライダー対昭和ライダー」で数十年ぶりに本郷武役を演じられ、我ら往年のファンは歓喜に震えました!
変身ポーズは勿論のこと、エンディングでは変身前の人間状態でグラサンかけて新サイクロンに乗って疾走する大サービス!カッコいいー。涙がでましたよー。
オリジナルの役者さんが演じるのは、ウルトラマンではちょっと無理があるなぁと思ってましたが、ライダーはまだまだイケます(ヒイキ目かなぁ?)。
 

Re: FUJIMI 1/12 スーパーヒーローシリーズ No.3 新サイクロン号

 投稿者:模型電動士  投稿日:2015年 9月25日(金)20時47分9秒
返信・引用 編集済
  > No.769[元記事へ]

Dr.かーうちさんへのお返事です。

仮面ライダーが最初にTV放送されたのが1971年4月。私が高校三年の時でした。高校二年までは部活やプラモで遊びまくっていて、流石にこれはまずいって言うので真面目に勉強に取り掛かった頃になります。
その後大学に入ってアパート暮らしを始めましたが、当然部屋にはテレビはない。
そんなこんなで、1979年ごろまではテレビのない生活が続いたので、その間のアニメやヒーロー番組はあんまり印象にないんですが、仮面ライダーは有名だからちらちらと見ていたような気もします。

石ノ森章太郎の漫画に近いサイクロン号は印象深いんですが、この新サイクロンはあんまり記憶にないんですよね・・・これが。何か自分でも残念。

でもあらためてじっくり見ると、バランスの取れた美しい造形をしていますね。

このキットは普段模型を楽しんでいない人も作る場合があると思うので、デカールが貼りにくいというのは問題かもしれませんね。じゃあどうしたらいいかとなりますが、塗装オンリーじゃ敷居も高くなるし、どうしたらいいんだろ。

写真が・・と言うことですが、どうも一枚目は手ブレしているような気がします。なぜだろう。三脚使ってますよね?

後は黒バックなので、白い本体は全体に飛び気味になるのかも。前のように白バックで撮ってみると上手く行くかもしれませんぜ。

次はバトルホッパーですね?
 

Re: ミニ・クーパー・レーシング

 投稿者:えりあん  投稿日:2015年 9月24日(木)23時00分21秒
返信・引用
  > No.768[元記事へ]

模型電動士さんへのお返事です。

> 今回のモーテルの広告塔って考えは、それを解決する素晴らしいアイディアだと思いました。

実はこのジオラマは風景の参考写真があるのですが、最初に見た時すぐにこれは使えると思いアレンジした結果こうなりました。
アメリカのモーテルの看板は面白い物が多くて、また作ってみたくなります。

> お色直しに関しては、失敗したのではなく気に入らなかったからと理解していますが、オレンジ、またはグリーンであっても何の問題もないように思えるものの、キットが小さいですから、広告塔に負けない色となると、確かに黄色は正解なのかもしれません。

何度も塗装し直したのは色味が気に入らなかったり、イメージと合わなかったりとか色々ありましたが、結局黄色にしたのはカラフルな中で目立たせるのはやはりこの色しかないかなというのはありますね。
ただ二年前に作ったミニ・ピックアップも黄色だったので、なるべく同じ色にはしたくなかったので、フロントを青くしてジオラマ内に無い色を追加してみたりしています。

> ネオン管が電飾だったら、そしてそのうちの何本かが点滅していたら・・・なんて妄想してしまいますが、それはそれでまたものすごく面倒な工作になるんだろうな。

電飾もいいな~と思ったのは製作がかなり進んでからだったので今回はオミットしましたが、いつかそういう雰囲気のあるジオラマも作ってみたいですね~。

そして実は既に次のジオラマも製作開始しているのですが、キットはまたもやタミヤのミニです(^^;)
またかよ~とか言われそうですが、今回は珍しくツヤ有り仕上げを考えています。
さてどうなりますか…。

http://elian.cocolog-nifty.com/blog/

 

FUJIMI 1/12 スーパーヒーローシリーズ No.3 新サイクロン号

 投稿者:Dr.かーうち  投稿日:2015年 9月23日(水)21時59分55秒
返信・引用
  1.着手日、完成日
 9/10~9/21

2.ボディー塗料のメーカー・色名・塗装方法など
 白=クレオス Mr.COLOR 316 ホワイトFS17875
 赤=クレオス Mr.COLOR 79 シャインレッド+ガイアカラー023 スカーレット(フロントカウルのみ)
 青=タミヤ・エナメルカラーX-4 ブルー
 クリア=クレオス Mr.COLOR GX100 スーパークリアーⅢ
 全てエアブラシ

3.苦労したところ、手を入れた部分、PRポイントなど
 風防のクリアパーツに接着剤が付いたので研ぎ出ししましたが、完全に元の透明感が戻らなかったです。

4.このキットを作る人のための参考情報
 前輪・後輪共に金属シャフトを通しますが、組立説明書ではどちらも「シャフト(短)」と書いています。後輪は「シャフト(長)」が正解です。

前回のハリケーンに続いて新サイクロンです。
ハリケーンで慣れたせいか割とサクサク作れました。カッコいいし、並べて置くとやはり萌ますね(笑)。
羽はネオジムを仕掛けたいところでしたが、面積が小さかったので両面テープで付け外しとしました。
フロントカウルの赤色はデカールが付いていますが、さすがにここは塗装しました。本体の赤はデカールにしましたが、この程度の曲面でもマークソフターを何度も付けてやっと馴染みました。フロンカウルもデカールをやってたら…玉砕でしょうね。
前回はスマホで撮影。今回はちゃんと1眼レフで撮ったのに、何だか前回の方が綺麗に見えるのは私だけでしょうか…
 

Re: ミニ・クーパー・レーシング

 投稿者:模型電動士  投稿日:2015年 9月23日(水)09時11分40秒
返信・引用
  > No.767[元記事へ]

えりあんさんへのお返事です。

このキットは実車も小さいですから、単品で作ってもなかなか人の目を引くのは難しいところもあるかもしてません。
ではどうしましょうと考えた時、なるべく小さな台座の中でヴィネットを仕立てようとすると、高い方向に何かしたくなりますね。
でも建物だとなかなか難しい。
今回のモーテルの広告塔って考えは、それを解決する素晴らしいアイディアだと思いました。

仕上げについては今更私がどうこう言うものではありませんが、ブログを見ているとたくさんのノウハウを駆使していてすごいなあと思います。

お色直しに関しては、失敗したのではなく気に入らなかったからと理解していますが、オレンジ、またはグリーンであっても何の問題もないように思えるものの、キットが小さいですから、広告塔に負けない色となると、確かに黄色は正解なのかもしれません。

またいつか実物を見る機会があると思いますが、楽しみにしています。

ネオン管が電飾だったら、そしてそのうちの何本かが点滅していたら・・・なんて妄想してしまいますが、それはそれでまたものすごく面倒な工作になるんだろうな。
 

ミニ・クーパー・レーシング

 投稿者:えりあん  投稿日:2015年 9月21日(月)21時50分45秒
返信・引用
  久しぶりにジオラマが完成したので投稿させていただきます。

①製作期間:7月~9月中旬
②塗装:マホガニーサフェイサー→薄めにMr.316グレー→フィニッシャーズ・ミディアムイエロー/Mr.インディブルー→つや消しクリアー→スミ入れ塗料&油彩で汚し
③苦労した所はボディカラーが決まらず4回ほどシンナー風呂入りした事でしょうか。
 何度マスキングして塗り直したことか…マスキング嫌いじゃないけど流石に辛かったです。
 ネオン管はソフト丸棒に蛍光ピンクを塗装した物をプラパイプに仕込んでそれっぽく見えるようにしました。
 癒しポイントとして見づらいですがネオン看板の上に鳩の巣を置いてみました。
④タミヤのミニはシリーズ初期のキットですが未だに普通に作れるのは流石です。
 何種類か発売されていますが基本的にどれも一緒です。
 個人的にはレーシングかラリー仕様がオプションも付いてる割に安いのでオススメです。
⑤ご不明な所がありましたらお答えいたします。

http://elian.cocolog-nifty.com/blog/

 

Re: レベル コルベット・スティングレイ '63

 投稿者:模型転倒虫  投稿日:2015年 9月 8日(火)21時40分14秒
返信・引用
  > No.765[元記事へ]

模型電動士さんへのお返事です。

お忙しいのに、重ねてのお返事ありがとうございます(^^)/


> 私も気に入らないところは何度でもやり直したい方ですねえ。自分で眺めるためだけなら手を抜くんだろうけど、展示会などで人目にさらされることを前提としてますから。

まったく同感です。特に改造した部分は、目立つアラを残すと改造の効果を打ち消してしまいますよねぇ。
自分の気持ちの上でも、他人の目を通してでも「やらない方がよかったかもね」という状態は避けることを
自分なりの合格ラインにして、妥協の誘惑と戦っています。


>ただそれによって極端に完成が遅くなるようなら無視する場合はありますけど。

ただし、模型電動士さんの「気に入らない」は私とはレベルが違う!

電動士さんの製作記を拝見していると、やり直しの前でもOKなのに、やり直した後は「すごっ!!」
って感じです。
私のは「やり直して見られるようになったね、その前のはさすがにまずかったもんねぇ」って感じでしょうか。


> 完成までの目安としては、1/24なら2か月以内、1/12なら4~5ヶ月かなあ。そうすれば1/24なら年に6台作れる計算。仕事もあるし、なかなかそうはいかないですけど。

私も目標はあって年に4台と思ってますが、まあ3台半。
新しくてデキのいいキットをストレートに作れば、やっと3ヶ月を切れるぐらいです。
それと、HP開設の頃に電動士さんにアドバイスいただいたように、サイトの更新にもかなり時間使います。
でも、HPをやってるおかげで模型趣味がすごく大きく広がるので、その時間を惜しいとは全く感じませんが(^^)

先月末に展示会に参加して、その後1週間ほどカメラとパソコンの日々でした。そろそろプラの削りカスが恋しくなってきましたし、秋の夜長、模型作りを楽しみたいと思います。

駄&長文失礼しました。

http://www.mokei101064.com/

 

Re: レベル コルベット・スティングレイ '63

 投稿者:模型電動士  投稿日:2015年 9月 7日(月)23時40分36秒
返信・引用 編集済
  > No.763[元記事へ]

模型転倒虫さんへのお返事です。

> ダメな部分を粘って作り直したり、がんばった甲斐がありました。
私も気に入らないところは何度でもやり直したい方ですねえ。自分で眺めるためだけなら手を抜くんだろうけど、展示会などで人目にさらされることを前提としてますから。

ただそれによって極端に完成が遅くなるようなら無視する場合はありますけど。

完成までの目安としては、1/24なら2か月以内、1/12なら4~5ヶ月かなあ。そうすれば1/24なら年に6台作れる計算。
仕事もあるし、なかなかそうはいかないですけど。
 

Re: FUJIMI 1/12 スーパーヒーローシリーズ No.2 ハリケーン

 投稿者:模型電動士  投稿日:2015年 9月 7日(月)23時36分17秒
返信・引用
  > No.762[元記事へ]

Dr.かーうちさんへのお返事です。

>ついにはバイクに乗らず車に乗る奴まで出てきたし(笑)。あのベース車は何ですかね???

おや、Dr.かーうちさんらしくない。私は見た瞬間にすぐわかったけど。

http://response.jp/article/2014/10/04/234102.html

まあ正直言って「こんなにしちゃってまあ」と思いましたけど、作りは以前より格段に丁寧ですよね。見る方の目も肥えてきたんで、前のレベルじゃ到底通用しないんでしょうねえ。
 

Re: レベル コルベット・スティングレイ '63

 投稿者:模型転倒虫  投稿日:2015年 9月 7日(月)21時43分42秒
返信・引用
  > No.760[元記事へ]

模型電動士さんへのお返事です。

早速のお返事ありがとうございました。


> ブログの制作記も更新のたびに見ていましたが、~ 見ごたえのある制作記録だったと思います。

まずは模型電動士さんに私のサイトを見続けていただいているっていうのが、本当に嬉しいです!
さらに、「見ごたえのある」なんて言っていただいて、とても張り合いになります。


> その結果も素晴らしいもので、ぱっと見た瞬間に只者じゃないって伝わってきます。

作品に対してもこんな過分な評価をいただいて、天にも昇りそうですよ(^^)
ダメな部分を粘って作り直したり、がんばった甲斐がありました。


> ヘッドライトは「くるりんぱ」するのかなと思っていましたが固定でしたね。

今回のライトのくるりんぱ、とかドア等の開閉とか、「可動」に関しては全くチャレンジできてません。
動かすコトは容易でしょうが、「開いて、または閉じて、正確な場所に止まる」コトは高いスキルが必要ですよね。
頭には可動へのチャレンジはいつもありますが、腰が引けてます。
そのうちに、ドアを開けて室内を見せたい、って思うキットを作る時には初挑戦したいと思います。


> 撮影ですが、絞りも効いているし、立体感もある。色・明るさ・コントラストもハイレベルだと思います。

なんと写真まで誉めていただいちゃいました。あー嬉しい♪

> あえて言えば、前方から撮った写真のフロント側に十分光りが回っておらず、後ろ半分との明るさの差がわかるのがやや残念かなと思います。エンジンができたらまた撮影するのかと思いますので、もし「そうかもね」と感じていらっしゃるなら、工夫してみてください。

ご助言ありがとうございます。言われて見直したら本当にその通りです。後日再撮影しようと思います。

大変励みになるコメントの数々、ありがとうございました。
フェアレディZの終盤、がんばってくださいませ。
それでは失礼します。

http://www.mokei101064.com/

 

Re: FUJIMI 1/12 スーパーヒーローシリーズ No.2 ハリケーン

 投稿者:Dr.かーうち  投稿日:2015年 9月 7日(月)21時31分51秒
返信・引用
  模型電動士さんへのお返事です。

電動士さん、速攻のコメントありがとうございます。

> 所で実車(?)にはsuzukiのマークがあると思うんですが、作例ではそうなっていないのはキットにデカールが入っていなかったからでしょうか。それとも好み?

さすが電動士さん、侮れませんね。もちろんSUZUKIマークがバッチリ入ってるのはしってましたが、デカールもパーツも無かったです。大人の事情でしょうか?(笑)
まあ子供心にもヒーローのマシーンにメーカーのマークが入ってるのは違和感あったし興ざめ、てか微笑ましかったかな…。スポンサーだからってのも分かるし。だから模型くらいは無しでもいいかなと思いました。
ちなみに私の記憶が確かなら1号のサイクロンはホンダ、新サイクロンからスーパー1のブルーバージョンまでは全てスズキだったと思います。Vマシーンはハーレーですが。キカイダーのサイドマシーンはカワサキですね。
展示会とかで色々な実物を何度か見ましたが、割りと作りは雑だったりしますよね。美術さん?小道具さん?造形会社等が作るのかな?「え、ここは板?」「ハリボテ?」とか思って見てました。
ま、昔は制作費も少なかったそうですし、しょうがないですよね。今の平成ライダーの比にはならないでしょう。ついにはバイクに乗らず車に乗る奴まで出てきたし(笑)。あのベース車は何ですかね???
 

Re: FUJIMI 1/12 スーパーヒーローシリーズ No.2 ハリケーン

 投稿者:模型電動士  投稿日:2015年 9月 6日(日)23時08分59秒
返信・引用 編集済
  > No.759[元記事へ]

Dr.かーうちさんへのお返事です。

(間違って投稿してしまった部分は削除しておきました)

さて、仮面ライダーに限らずCGが盛んになる前の変身ヒーロー番組で主人公が乗る1/1メカって難しいですよね。とりあえず何かの実車をベースに改造して作るわけですけど、限られた予算の中でどうやって「非日常感」を出すかが大変。

カウルあたりはそれなりに何とかしても足回りはなかなかいじれませんから、このハリケーンもタイヤやスポーク、フロントフォークなどは市販車感が漂っていてつらい。
でも今思うと、そういう手作り感が魅力だったのかなあと思います。
(何十年も前に会社のテレビCMの撮影で東映の撮影スタジオに行った時、仮面ライダーの事務所もそこにあって、あまりの粗末さにびっくりした覚えがあります)

青は確かにこんな感じが良いと思います。色々画像検索してみたんですが、昔のビデオは色があせていて全然違うし、薄いように見えるのも迫力ないし。

所で実車(?)にはsuzukiのマークがあると思うんですが、作例ではそうなっていないのはキットにデカールが入っていなかったからでしょうか。それとも好み?
 

Re: レベル コルベット・スティングレイ '63

 投稿者:模型電動士  投稿日:2015年 9月 6日(日)21時51分15秒
返信・引用
  > No.757[元記事へ]

模型転倒虫さんへのお返事です。

ブログの制作記も更新のたびに見ていましたが、例えばエアアウトレットやホイールなど、上手くいかなくても満足するまで何度もやり直すエネルギーがすごいなと思っていました。
また、エッチングパーツに加工を加えてその弱点をカバーする工夫など、見ごたえのある制作記録だったと思います。

その結果も素晴らしいもので、ぱっと見た瞬間に只者じゃないって伝わってきます。ミニカーなどの出来が良くなってきて、うちら作ることを楽しんでいる側も気合を入れてやらないと負けそうな雰囲気ですが、このコルベットはミニカーでは到達できない領域に入っていると思いますよ。

4カ月は長いようですが、明らかに手間がかかっていますから、まあそんなものじゃないでしょうか。

ヘッドライトは「くるりんぱ」するのかなと思っていましたが固定でしたね。でも力を入れて工作した部分ですから、このままで良かったと思います。

撮影ですが、絞りも効いているし、立体感もある。色・明るさ・コントラストもハイレベルだと思います。
あえて言えば、前方から撮った写真のフロント側に十分光りが回っておらず、後ろ半分との明るさの差がわかるのがやや残念かなと思います(私もよくやっちゃうんですが)。
レフ板などを車の前に置いてフロントに光を回すようにすると、全体のバランスも改善されるし、ヘッドライトもより光るようになって、さらに良い写真になるのではないかと思いました。
エンジンができたらまた撮影するのかと思いますので、もし「そうかもね」と感じていらっしゃるなら、工夫してみてください。

素晴らしい作品を、ありがとうございました。

(フェアレディーは、最後の最後で色々細かいトラブルやリカバリーで足踏みしています。でも頑張ります)
 

FUJIMI 1/12 スーパーヒーローシリーズ No.2 ハリケーン

 投稿者:Dr.かーうち  投稿日:2015年 9月 6日(日)21時44分1秒
返信・引用
  すみません、空メール送ってしまいましたぁ。

1.着手日、完成日 (できれば制作時間)

8月の初旬~9月6日

2.ボディー塗料のメーカー・色名・塗装方法など

クレオス GX1/クールホワイト、CG46/ブルー(11)、79/シャインレッド
全てエアブラシで

3.苦労したところ、手を入れた部分、PRポイントなど

仮面ライダーV3の愛機ハリケーンです。
基本、素組みですが、デカールの青色が明るくてオモチャっぽかったので全て塗装しました。マスキングが鬼の様でした。
ホイール&スポークもメッキ落して塗装しようと思い、何をトチ狂ったか「シンナー風呂」に入れてしまいました。それで完璧に落ちないのでさらにDIYショップのラッカーシンナーへ…するとどうでしょう!見る見る溶けてフニャフニャ・ベトベトに…(笑)。「あ、漂白剤だった…」って気付くの遅すぎー。何度もやってるのに、きっと夏の猛暑で脳みそが沸騰してたんでしょう…
色々調べて、安く購入したのにパーツ請求で高くつきましたぁ。

このシリーズ、最初のサイクロンの評価が最悪だったので買うのを躊躇っていましたが、このハリケーンの評価はまずまず。立体物もあまり持ってなかったので買っちゃいました。中々カッコいいです。
思わず新サイクロン、バトルホッパーもついでに買っちゃいました。こうなったらサイクロンも「買い」かも…中身が省略されててスカスカらしいけど、私的には見えない所はこだわらないし…
う~ん、パンドラの箱を開けてしまったかも…
こうなったら全ライダーのマシーンを出して欲しい。ついでにライディングポーズのライダーも…!

春のダンバインに続いて今年はこれが2作目。ま、猛暑も治まってきて、これからは模型作りには最適な季節なので、これから頑張ります。
我家の子供の構成(年齢)は電動士さん家と同じ様なので、我家も子供が離れ、休日になると「どっか連れてけ~」と嫁が言う様になりました。同じですねぇ~(笑)。でも我々は3度のメシより昼寝が好きなので、もっぱら2~3時間で行って帰れる所。近場の道の駅程度です(笑)
 

レベル コルベット・スティングレイ '63

 投稿者:模型転倒虫  投稿日:2015年 9月 6日(日)15時03分3秒
返信・引用
  お久しぶりです。前回に投稿させていただいたテスタロッサから間に1台はさんで、C2のコルベットを作りました。私と同い年の車です。

1.着手日、完成日

 1月&6~8月、足かけ4ヶ月間。相変わらずのスローペースです。

2.ボディー塗料のメーカー・色名・塗装方法など

 ボディカラーはタミヤのマイカレッド、缶スプレー。クローム部分はタクミのメッキ調塗料をエアブラシです。

3.苦労したところ、手を入れた部分、PRポイントなど

 スナップフィットの35個しか部品のないキットを、なるべくリアル方向にっていう気持ちで作りました。
 リトラクタブルライトを開口して自作し、オープン状態にしました。
 ドアハンドルやアンテナなど、細かいパーツもいろいろ自作しています。
 MCGのエッチングが手に入ったので、エンブレム類は苦労せずにすみました。

4.このキットを作る人のための参考情報

 形にすることはとても簡単で、構成が単純なだけに各パーツの合いも良好です。

フェアレディ、時間も労力もたっぷり注ぎ込んだ力作になっていますね。
製作記のどのページを見ても、思わずうなり声が出てしまう工夫と工作で、模型電動士さんのスゴさは知ってるハズなのに、さらに予想を超えてて驚嘆です。完成も近いコトと思います、とても楽しみです(^^)

http://www.mokei101064.com/

 

Re: ハセガワ1/24 240ZG

 投稿者:ガメ吉  投稿日:2015年 3月16日(月)22時43分6秒
返信・引用
  > No.755[元記事へ]

模型電動士さんへのお返事です。

お褒めいただきまして、大変恐縮です(^^)
プラモデル製作したいのですが、結婚して、子供がまだ幼稚園なので
どうしてもそちらに時間を取られてしまいます。
と言いつつ、ネットサーフィンなどで無駄に時間を消費してたりもするのです。
なかなか、時間の使い方が上手く出来ませんね。

製作は小休止ですが、タミヤの934ターボ1/24など発売されるとついつい
買ってしまいます。

新作が完成した時には、また投稿させて下さいね。
では。失礼致します。
 

レンタル掲示板
/39